ニッカ

「ブラックニッカ リッチブレンド」は今後のスタンダードとなる国産ウイスキー

2013年9月26日

国産ウイスキーの常識を覆す、深い味わいと豊かな香りが楽しめる「ブラックニッカ リッチブレンド」。近年、その人気は高まるばかりで、今まさにウイスキー界における新スタンダードとして注目を集めています。

実際の味わいはどうなんでしょうか?早速飲んでみました。

ブラックニッカ リッチブレンド 決意の価格

ブラックニッカ リッチブレンドは値段が約¥1,180(ともぞう調べ)。サントリー角やその他の輸入ウイスキーより少し高めに価格設定したところにニッカの自信を感じます。

「こっちの方がいいウイスキーなんだぜ」

以前よりゴージャスな見た目になった髭のおじさんがまるでそう言っているようです。

さらに裏のラベルを読んで、思わずニンマリしてしまいました。「芳醇なコクと華やかな香り、爽やかな余韻のウイスキーです。」としか書いてありません。

相変わらず商売っ気があまり感じられませんね。だがそれがいい!!ニッカには、黙々といいものを追い求める職人魂みたいなものを感じます。

ブラックニッカ リッチブレンド 味の評価

気になる味ですが、スコッチ指向のニッカらしい味わいに仕上がっています。ここがブラックニッカ クリアブレンドと大きく違うところですね。

ザ・フェイマスグラウスや、ホワイトホースで感じるクセの部分、そのクセのある香りがかすかに漂うウイスキーです。シェリー樽熟成ということが関係しているのでしょうか?

もっと詳しく

ですが、やはりそこは日本人向けなので、クセはそこまで気になる程度ではありません。また人工的なアルコールの感じもあまり感じませんでした。

この辺りは「サントリー角」よりうまく仕上がっている印象。全体的にまろやか、マイルドで良質のウイスキーです。

ブラックニッカ リッチブレンド 総括

「ブラックニッカ リッチブレンド」は、初心者からウイスキー通まで幅広い層に愛される、まさに万能なウイスキーと言えるでしょう。自分へのご褒美や、大切な人へのプレゼントにもおすすめです。ぜひ、その奥深い味わいを堪能してみてください。

関連記事

キーワード(タグ)で探す

サイト内検索

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員です。ほかに「Chrome通信」や「OLD ROOKIE」などを運用しています。

こちらの記事もおすすめです

-ニッカ
-