シングルモルトウイスキーとブレンデッドウイスキーの違いを解説します

グレンケアン ブレンダーズ モルトグラス

ウイスキーの種類は産地や原料など色々なジャンル分けがありますが、今回はシングルモルトウイスキーブレンデッドウイスキーの違いについて解説します。

シングルモルトとブレンデッドウイスキー 主な違い

シングルモルトウイスキーとブレンデッドウイスキーは材料と製法が違います。

「シングルモルトウイスキー」は大麦から作るモルトウイスキーのみを使用しています。また、シングルモルトウイスキーという名前の通り、蒸留所で作られた(一種類の)モルトウイスキーをそのまま瓶詰めしたものです。

一方、「ブレンデッドウイスキー」はグレーンウイスキーという穀物から造るウイスキーをベースにして、各蒸留所から取り寄せたモルトウイスキーを数十種類混ぜて造られるものです。

ブレンデッドウイスキーがなぜこんな製法になっているか、理由は大きく分けて2つあります。

理由① 安価で大量生産が可能

1つはグレーンウイスキーは大量生産が可能で安いこと。
大麦よりも安い穀物を原料にして連続蒸留という比較的速いペースで生産できるというのが理由です。
原料が安い=価格の安いウイスキーを提供できるということです。

ただ安い反面、香りが地味で、グレーンウイスキーだけでは美味しくありません。そこで、グレーンウイスキーをベースに、モルトウイスキーを足すことで風味豊かなウイスキーに仕上げていきます。

ちなみにこのブレンドを任されるのがブレンダー。どのモルトウイスキーをどのくらいの比率で混ぜるのかを決定する職人です。バランタインには歴代名ブレンダーがおり、人によっては何千という香りを嗅ぎ分けるそうです。

理由② 飲みやすいウイスキーにするため

ブレンドする2つめの理由はクセの強いモルトウイスキーとおとなしいグレーンウイスキーを混ぜることで比較的飲み易い、穏やかな味わいのウイスキーが出来ること。

強烈な味わいのシングルモルトウイスキーはコアなファンが多いですが、あまり飲みなれていない人にとってはとっつきにくいのも確か。

なお、スコッチウイスキー発祥の地はスコットランドですが、ブレンデッドウイスキーを発明したのはイギリス人。

というわけで纏めると、ブレンデッド・ウイスキーの特徴は

  • 比較的価格が安いこと
  • まろやかでとっつきやすく飲み易いこと
  • 様々なモルトが織り成す複雑な味わいを楽しめること

となります。

スコットランドの地酒にすぎなかったウイスキーが世界中に普及したのも、安く大量生産が可能なブレンデッド・ウイスキーが誕生したおかげとも言われます。

シングルモルト・ウイスキー>ブレンデッド・ウイスキー?

現在はシングルモルトウイスキーがブームで価格も高いため、ブレンデッドウイスキーの上位互換のような風潮がありますが、まろやかさや調和の取れた味わいを楽しめるブレンデッドウイスキーならではの特徴も味わっていただきたいところです。

中でも「The Scotch」の異名をとる「Ballantine's 17」は複雑にしてまろやか、弾けるようなうまみがあります。ウイスキーの素晴らしさを味わうにはもってこい。おすすめの一本です。

created by Rinker
BALLANTINE(バランタイン)

まとめ

という訳で違いは製法によるもの。どちらが良い、悪いというものではありません。広い心で違いを確かめながら味わうとウイスキーの世界が広がります。

こちらの記事もおすすめです

2019年11月16日