ジャパニーズ ウイスキー ブレンデッド ウイスキー

キリンウイスキー ロバートブラウン実飲レビュー

キリンウイスキーのロバートブラウンです。

1974年、キリンビール社の国産ウイスキー第一弾として発売、当時の合弁企業であったシーグラム社の世界的な原酒ネットワークと富士御殿場蒸溜所の製造技術を駆使した、革新的なウイスキー。ウイスキー本来の調和した香りとまろやかな口当たりを実現したウイスキーです。


というかなり歴史のあるウイスキー。昨日まで完全に黙殺していたのですが、異常に気になりだして衝動のままにやまやへ・・・

ロックが久しぶりに飲みたくなって、手元にあるバランタイン ファイネストでやっていたのですが、もう少し甘い感じのものをと思って探していた折、浮かんできたのがこれ。

ウイスキー本来の<甘さ>が特徴のウイスキー。熟成がもたらすバニラを想わせる心地好い甘い香り フルーティな熟成香、とホームページにはあります。

もっと詳しく

別ソースでは

富士伏流水をマザーウォーターとし、富士御殿場蒸溜所の厳選されたモルトをブレンド。スムーズな口当りにフルーツのよう甘さとスモーキーフレーバーが絶妙に調和します。

とあります。これはかなり期待値があがります。

ロバートブラウン or バーボン?

そしてゴクリ。むむむ?また一口。むむむ?(10回繰り返し)

かなり甘い!それはいいのですが、これはバーボンかい?と思ってしまうほどのバーボンの香。熟成にバーボンの樽を使っているのでしょうが、ここまでバーボンの香がするのも少し珍しいです。まろやかでミディアムボディな味わいですが、やはりバーボンの香がする。

おだやかなスコッチ、いうなればジョニーウォーカー ブラックラベルみたいな感じを勝手に想像していましたので、虚をつかれ驚きましたが、バーボンが好きな人はありかも。

もっと詳しく

ただ¥1,300でこの味は、かなりレベルが高いと思います。完成度的には同じくらいの値段のオール・モルトより上かな。まだ1日目なので、味が小慣れてくるともう少し違った味わいになるかも知れません。

ウイスキーにおいてはサントリー・ニッカ(アサヒですけど)に出遅れている感があるキリンですが、富士山麓といい、好いウイスキーを出しています。これが無くなったら次はエンブレムを飲もうと決めています。

PR

-ジャパニーズ ウイスキー, ブレンデッド ウイスキー
-

あなたにおすすめの記事

hi nikka
伝説のウイスキー ハイニッカ

伝説のウイスキー、「ハイニッカ デラックス」のレビューです。

ブラックニッカ ディープブレンド

レモンサワーを飲みながらウイスキーブログを書く不良のともぞうです。という訳でブラックニッカ ディープブレンドのレビューです。

トリス クラシック

時は熟したり・・サントリー「トリス クラシック」を味わう時が来たようだ。

サントリー 角

ウイスキーの代名詞、絶対王者のサントリー「角」のレビューです。

ブラックニッカ リッチブレンド

「ブラックニッカ リッチブレンド」の実飲レビューです。

hibiki japanese harmony
響 ジャパニーズ ハーモニー

今回は「響 ジャパニーズ・ハーモニー」をレビューします。 この「響 ジャパニーズ・ハーモニー」ですが、いうまでもなく、かの響の無印版。響の名前に恥じない味わいを期待。

ニッカ G&G 実飲レビュー

ニッカ G&Gです。 以前は店頭では見かけなかったのですが、例のドラマの後取り扱いを開始されるという奥ゆかしいウイスキー。値段はや○やで¥1,900円ほどでした。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。