ジャパニーズ ウイスキー ブレンデッド ウイスキー

キングウイスキー 凛。サントリー、ニッカ、キリンに続くことができるか!?

できませんでした。人柱ともぞうです。

今日ご紹介するのは宝酒造のキングウイスキー 凛です。

スーパーで¥650程度という圧倒的な低価格でウイスキー流通網に食い込む凛。誰でも見たことはあると思いますが、実際に買ったことのある人は少ないのではないでしょうか?

私もいままで敬遠していたのですが、未曾有(みぞうゆう)の家計危機と怖いもの見たさの好奇心、ブログのネタになるというブロガーの鏡ともいうべき思いが夏の終わりのハーモニーを奏で、今宵奇跡の購入へ。

キングウイスキー 凛 味わいは?

まず香りを確かめます。なんということでしょう、まったく香りがしないではありませんか。安ウイスキーの宿命、人工的アルコールの香りを予期していた私は、しばし呆然。まさに「想像の斜め上を行く」とはこのことよ。

次に、ウイスキーグラスに注ぎ、念入りにグラスを振ってから香りを確かめる。するとなんということでしょう、まったく香りがしないではありませんか。

味わいを確かめると、圧倒的なアルコールの無味な中に微かに香る、ブラックニッカ クリアの味わい。まさにブラックニッカ クリアの微レ存です。

もっと詳しく

そんなこんなで次の日。

なにやら急に香りが出てきました。そう、最初予期していた人工アルコールの味わいです。

うーん、こりゃ旨くない。

なんというか、安ーい日本酒と共通した味わいが立ち込めてきます。ここで「ブレンド用アルコール」とラベルに書いてある意味を知ります。

そんなこんなで次の日。

また飲んでみると、安ーい日本酒の味はなりを潜め、サントリーレッド的な味に落ち着いてきました。まあ何とか飲めるレベルですね。
ロックにしてレモンなど味を誤魔化すと飲めなくはないですが・・

このレビューを見て、「よっしゃ、いっちょ凛買うか!」という人がいれば、この記事で書いたマイ・ハートは1/3も伝わっていないことになりますが、もし買うことがあれば、開栓して少し時間を置くといいみたいです。
あるいはレモンやライムでごまかす、コーラーで割るなど。

キングウイスキー 凛 総括

キングウイスキー 凛は確かに安いですが、私の評価額は¥350にも満たない。という訳でコスパは悪いです。

これを買うなら、もう少し出してブラックニッカ クリアを買ったほうがいいと思います。¥650が安いといっても、金麦が6本買えてお釣りが来ますからね。

PR

-ジャパニーズ ウイスキー, ブレンデッド ウイスキー

あなたにおすすめの記事

ニッカ G&G 実飲レビュー

ニッカ G&Gです。 以前は店頭では見かけなかったのですが、例のドラマの後取り扱いを開始されるという奥ゆかしいウイスキー。値段はや○やで¥1,900円ほどでした。

今は亡き竹鶴12年

最高のコストパフォマンスを誇る「竹鶴12年」のレビューです。

スコッチウイスキー クレイモア

スコッチ クレイモア。キーモルトはスペイサイド・ウイスキーの異端児、クラガンモア。かなり個性的なウイスキーで一般受けはしないが不動のファンがいるとのことです。

余市 無印

ニッカの誇り「余市」のレビューです。昔ながらの炭を使ったやり方で作っている、ニッカのコダワリを感じることができる一本です。

ホワイトホース、ハイボールで

ウイスキーは「ブラックニッカ リッチブレンド」を買いがちですが、ハイボールにするなら、ちょいと安めのものということでホワイトホースを買うことに。ハイボールにしたときの感想です。

竹鶴 ピュアモルト

竹鶴12年と入れ替わる形で発売を開始した「竹鶴ピュアモルト」のレビューです。竹鶴12年との違いも。

バランタイン ファイネストをロックで

ウイスキー定番中の定番「バランタイン ファイネスト」をロックで飲んでレビューします。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。