ジャパニーズ ウイスキー ニッカ ブレンデッド ウイスキー

伝説のウイスキー ハイニッカ

ブラックニッカ スペシャルを買いにやまやへ行ったのですが、とんでもないウイスキーを見つけてしまいまい、思わずこちらを選びました。

伝説のウイスキーハイニッカ デラックスの復刻版です。

ニッカの良心といわれていたハイニッカ。今もウイスキーファンの間で語り継がれていると言われているとか。まあ色々なところで散々言われているので、あまり細かくは言いませんが、日本のウイスキーの発展を支えたといっていいほどのウイスキーです。

ハイニッカ デラックスという名前になっていますが、当時の面影を残したと思われるレトロな雰囲気に仕上がっています。

ハイニッカ デラックス レビュー

味の感じはブラックニッカ クリアに割りと近いと感じました。香りはあまり高いほうではないですが、やや酸味がかったイチゴのような香りを感じました。ストレートで飲むとややヒリヒリしたアルコールの感じがありますが、モノ自体は良いようです。

もっと詳しく

熟成がすすめばアーモンドの香り漂う、まろやかで飲みやすいウイスキーになりそうだというポテンシャルを感じます。このハイニッカ デラックス、晩酌の決定版と謳われています。水割り、ロックを試しましたが、クセが少ないのでいい感じになりますね。アルコールの感じが弱まるのがいい。ハイボールにも合いそうです。

なんにせよウイスキーの一時代を築いたこのお酒。リスペクトを持って飲ませて頂きたいと思うちょります。合掌。

最後の小ネタですが、このウイスキーも例に漏れず、一切宣伝文句がありません。ニッカのこの姿勢は昔からなのかと納得していしまいました。またボトル正面の写真では平べったく見えますが、意外と四角いです。店で見かけたら是非手に取って見てみてください。

PR

-ジャパニーズ ウイスキー, ニッカ, ブレンデッド ウイスキー

あなたにおすすめの記事

ニッカの魂 余市10年

ニッカの原点「余市」の10年ものをレビューします。 ドラマのエピソードにもありましたが、本物のウイスキーに拘った竹鶴氏。今でも余市では炭火で蒸留しているとか。 ウイスキー造りに対する真摯さが表れる一本。

ティーチャーズ ハイランドクリーム

正式名称「ティーチャーズ ハイランド・クリーム」のレビューです。 ハイランド・クリームというサブタイトルに期待感が増します。その味や如何に!?

デュワーズ 12年

最近は病弱な虚弱体質気味で、ウイスキーの消費量が若干減少。安いものを沢山飲むより、ちょいといいモノをチビチビ飲むのもいいかと思い、以前から気になっていた、デュワーズ 12年にトライ。

キリン ボストンクラブ

キリンウイスキーの力作「ボストンクラブ 淡麗原酒」のレビューです。

プレミアム角瓶 その実力やいかに!?

サントリーの期待の新作、「プレミアム角瓶」のレビューです。

カティサーク ブレンデッド スコッチウイスキー

村上春樹の小説でもお馴染の有名すぎるブレンデッド・ウイスキー「カティサーク」のレビューです。あっさりしている言われていますが、実際のところどうでしょうか?

竹鶴 ピュアモルト

竹鶴12年と入れ替わる形で発売を開始した「竹鶴ピュアモルト」のレビューです。竹鶴12年との違いも。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。