何故、今?再びのホワイトホース|初心者による初心者のためのウイスキーの話など

何故、今?再びのホワイトホース

2019年2月21日
何故、今?再びのホワイトホース

最近、貰ったジンをどうにかしてやろうと思ってジントニックを飲んでいるのですが、思いのほか良好。ジンのハーブ由来の苦味と、トニックウォーターの苦み・甘みが絶妙にマッチ。

まあそんなことは置いておいて、その流れでウイスキーもハイボールで楽しむことが多くなっている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

そんなこんなで突然にホワイトホース

ホワイトホース ファインオールド

キーモルトに、かのラガヴーリンを使ったブレンデッドのスコッチです。以前レビューしたことがあるのですが、おそらく前回買ってから7年以上は経ちました。前回買って微妙だったので、リピートはしなかったのですが、今回奇跡のリピート。

スポンサーリンク

ホワイトホース ファインオールド 二度目の出会い

ウイスキーは大体「ブラックニッカ リッチブレンド」を買うのですが、正直ハイボールにするとそんなに分からないので、ちょいと安めのものをハイボール用に買うことにしました。

安いウイスキーとなると「ブラックニッカ クリア」一択ですが、前回ハイボールにするとイマイチだったので、今回はパス。

怪しい目つきでウイツキーを物色していると、ホワイトホースが、came Q to my broken heart(急に心に来ました)。

価格も比較的安いことに加え、荒々しい味わいはハイボールに適しているのではないか、という思いが、私の顔がオダギリジョーに激似という主観的事実と混ざり合い、奇跡の購入。

ホワイトホース ファインオールド 味わい

ラベルもシュッとして洗練された感じになりました。

前回(ホワイトホース ピートの香りを求めて | 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。)はとにかく荒々しい感じを感じたホワイトホースですが、今回改めて香りを確かめますと、独特の強い甘みとスモーキー石井が混じった香りが漂ってまいります。

ホワイトホースを一口含むと、スモーキーな香りが鼻を抜け、ほのかな甘みが残ります。ただ、以前と比較して、大分まろやかになった印象。重すぎず軽すぎず、後味も爽やかな酸味もあり、いい感じです。ストレートに言うと、おいしいです。

以前はあまり口に合わなかったので敬遠していましたが、味が変わったのか、私の味覚が変わったのか。アマゾンで見ますと、価格の安さ(パントリーですが、¥875)もあり、結構売れているみたいです。これは久しぶりのナイスチョイスになりました。

ホワイトホース、ハイボールで。

満を持して、ハイボールにしてみたところ、ウイスキーの重みはありつつも、軽やかで爽やか。結構多めにウイスキーを入れてみたのですが、ストレートで飲んだときの印象とは打って変わって、酸味の立つハイボールになりました。すごく美味いかと言われるとそうでもないのですが、決して悪くない、普通のハイボールです。若干炭酸水に負けている感じはありますが、変なクセや人工アルコールの感じもなく、合格点といった感じです。まあハイボールにすると大体こんな評価になってしまいますが、なにせ価格が安いので、アドバンテージはあると思います。

比較のため手元にあったブラックニッカ ディープブレントはハイボールにしたところ、しっかり甘みが残っていましたので、ホワイトホースの相対的評価が下がる結果になりました。

まとめ

ハイボールにすると今ひとつ伸び悩んだ感がするホワイトホースですが、ストレートで飲むと旨かったという予想を裏切る結果に。安いので、リピートしようと思います。


スポンサーリンク