オーバン 14年|初心者による初心者の為のウイスキーの話など。/h1>
By | 2012年1月18日

オーバン 14年

光が消えないうちに・・オーバン 14年

B00BPQZWA6

温暖で雨の多いオーバンの街の海岸沿いにあるオーバン蒸留所は、スコットランドで最も歴史ある蒸留所のひとつです。ウェストハイランド西岸にあるオーバンの港は、アイランズ地方への玄関口としても知られます。オーバンを、ハイランドとアイランズの特徴が融合した独特のシングルモルトにしているのは、この立地条件であるといわれています。

かなり前に飲んだ時に旨い印象のあったハイランドモルトの雄・オーバン 14年。飲むのはかなり久しぶりです。なにせお高いウイスキーやよって。ウイスキーの味が幾分かわかるようになってからは初めてです。これは楽しみな一本ですね。

スポンサーリンク

オーバン 14年 孤高のウイスキー

まず香りを味わうとレーズンのような感じです。

ストレートでちびりと飲むとまろやか。そしてその味は極めて濃厚。どっしりとした味わいです。力強い重厚な味わい。

甘みの凝縮された、熟したレーズンのような味わいを感じることが出来ます。の甘みが旨さの素なのでしょうか。

また、ほんのりとマッカランやグレンロセスを飲んだ時に感じたチェリーっぽい味わいがあります。おそらく熟成にシェリー樽を使っているのでしょう。

いずれにしても常識的な値段で買える範囲のものとしては、この系統の味わいで、頂点に君臨するのではないかと思わせる迫力が漂う一本です。

オーラが違います。

このウイスキーの前では他のウイスキーがかすんでしまうほどの感じがします。

私の好みでいうと、ドストライクという訳ではありませんが、かなり美味しく頂きました。本当にありがとうございました。

オーバン 14年 総括

寸評:一度は飲みたいファン垂涎の一本。
オススメ度:★★★★★

オーバン 14年

B005X5PV1U

クリックをどうか・・っ!
(Visited 3,377 times, 1 visits today)

スポンサーリンク