高級スコッチ「シングルモルト マッカラン 12年」の実飲レビュー

2016年7月3日

ハイランドモルトの雄、シングルモルト 「ザ・マッカラン 12年」の実飲レビューです。シェリー樽熟成ウイスキー由来の香り漂う一本です。

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 [イギリス 700ml ] [ギフトBox入り]

1824年にハイランド地方で2番目の政府登録蒸留所となった名門蒸留所が生み出すシングルモルトで厳選されたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみを使用しているウイスキーです。

あまりに有名なので、へそが曲がっていて性根が腐っている私はあまり言いたくないのですが「シングルモルトのロールスロイス」と言われています。

マッカラン 12年 気になる味わい

開けた瞬間「おやおや、これはワインかい?」というくらいワインの香りが漂うフルーティーな香り。

よく嗅ぐとゴムっぽい香りややや酸味のある梅干しがごとき香り、なんとも言えない熟成したウイスキーの香りなどを楽しむことが出来申した。

色は濃いが香りは控えめ。3ミリ含むとゴム、梅と共に強い甘み。ドライマンゴーのような後味。

文句なく美味いです。口当たりもまろやかでほとんどアルコール感は全く感じず。本当にいい酒です。

次に、かすかに加水してみます

しばらくして再び味わってみます。

香りはレーズン、ラムレーズン。チェリー、プラムな感じもあるフローラルな香り。

やや酸味を含む香り。何度でも嗅ぎたくなるくせになる香り。

アルコール感は少しありかすかな渋みを感じますが、少し多めに口に含むと鼻腔を刺激するブワッとした香り。

スモーキーさが微レ存。かすかな苦味と熟したぶどうのような後味が長く続くような気がします。ボデーは軽くなく重くなくミディアム。

シェリー樽熟成ウイスキー由来の香り

マッカランを口で転がすと、味わい深い、シェリー樽熟成ウイスキー由来の香り。

味の柱は深いシェリー樽熟成ウイスキーなんですが、シェリー樽熟成のウイスキーというのは結構直ぐに分かる癖があります。

ここは好みが別れるところで、苦手になるかタマラン兄さんになるかどちらかです。

この系統のウイスキーは他で言うとオーバン 14年など有名です。一度は試してみると新しい扉が開かれると思います。

もっと詳しく

マッカランのストレート

ストレートでも楽しむことが出来る穏やかな一面も。

ただストレートで味わう時は、チェイサーを用意されたし。チェイサーにはミネラルウォーターがいいと言われますが、浄水器の水で十分です。私もチェイサーは金麦を使います。

ただ、流石にマッカランに金麦はどうかと思ったので、チェイサーにはマッカランのハイボールを採用しました。

マッカラン 12年 まとめ

ウマイウマイと言われているウイスキーの代表格マッカラン。これでウイスキーにハマった人も多いことでしょう。いいウイスキーなので試して損はありません。

シェリー樽熟成は好みが分かれるといいましたが、シェリー樽熟成ってこんな感じなのかと知る意味でも一度は試しておくといいと思います。アマゾンのレビューはエライ事になっています。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。