ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

    ニッカの魂 「余市10年」はとんでもないウイスキーでありんした

    ニッカの原点「余市」の10年ものをレビューします。 ドラマのエピソードにもありましたが、本物のウイスキーに拘った竹鶴氏。今でも余市では炭火で蒸留しているとか。 ウイスキー造りに対する真摯さが表れる一本。

    あっさりめのスタンダード「デュワーズ ホワイトラベル」

    アメリカで圧倒的人気を誇るブレンデッドスコッチウイスキー「デュワーズ ホワイト」のレビューです。

    スコッチウイスキー「 ホワイトホース」 ピートの香りを求めて

    キーモルトにラガヴーリンを使用している「ホワイトホース」を試してみました。さあどんと来い、ピート!

    独特すぎる「ラフロイグ 10年」アイラウイスキーの雄

    独特の香りがクセになる、好きな人にはたまらないアイラ島生まれのシングルモルト・ウイスキー「ラフロイグ 10年」のレビューです。

    ジャパニーズウイスキーの原点「サントリー 角」

    ウイスキーの代名詞、絶対王者のサントリー「角」のレビューです。

    定番中の定番「バランタイン ファイネスト」試飲レビュー

    言わずと知れた名スコッチ「バランタイン ファイネスト」のレビューです。 昔は遥か雲の上の存在だったみたいです。

    「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」通称「ジョニ 黒」を飲んでみた

    「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」、通称「ジョニ黒」のレビューです。昔は高級ウイスキーの代名詞であったと聞きます。今回はちょい水足し、ロック、ハイボールで試しています。

    スコッチのプリンス「シーバスリーガル 12年」は期待通り良かった件

    スコッチのプリンスと呼ばれる「シーバス・リーガル 12年」のレビューです。

    ニッカのシングルモルト「余市」無印、逝く

    ニッカの誇り「余市」のレビューです。昔ながらの炭を使ったやり方で作っている、ニッカのコダワリを感じることができる一本です。

    ice-and-glass

    ウイスキーと氷と私~ロック・ハイボール用の氷を自作する方法

    ウイスキーをロックで飲むときにあると良い透明な氷の作り方です。タッパーで凍らせた氷をアイスピックで砕きます。

    定番のシングルモルト「グレンフィディック 12年」

    シングルモルトウイスキー「グレンフィディック12年」のレビューです。シングルモルトでは出荷数世界1位を誇る王道のウイスキーです。

    ニッカのシングルモルト「宮城峡」ノンエイジ

    シングルモルト 宮城峡です。 言わずと知れた、ニッカの2つの蒸溜所のうちの一つの名を冠したひと品。 シングルモルト 余市が力強いスモーキーな味わいであるのに対して、宮城峡は少しライトでフルーティ、やや酸味のある印象です。 宮城峡 軽快なウイスキー 香りを嗅ぐと、まずリンゴの香りがします。 さらにアルコールのピリっとした感じは少しあります。 この辺はこの価格帯ではいかんともしがたいですね。まあ開封したてなので、後はどんな展開を見せてくれるのか。 後味は酸味があります。竹鶴12年の後味で感じる酸味は、宮城峡由 ...