ホワイトホースの正統進化系「ホワイトホース12年」を飲んでみた

お久しぶりです。本日はちょっと奮発して「ホワイトホース 12年」を飲んでみました。

created by Rinker
WHITE HORSE(ホワイトホース)

少し前に「ホワイトホース」を何年かぶりに飲んで思いのほか美味しかったので試してみる気に。2000円付近のウイスキーでは「デュワーズ 12年」が一番美味しいと思っているのですが、そんなデュワーズを超えることができるのでしょうか。

ホワイトホース 12年 香りと味わい

早速顕微鏡に一滴垂らして色を確かめると割と普通の琥珀色。見た目は熟成してますで!という感じはあまりありません。

香りを確かめるとやや塩っぽさと酸味を感じます。
チビリと味わうとキュッとした酸味とスパイシーな味わいがやって来て、やがてスモーキーな苦味を残した後味でフィニッシュ。

磯っぽさというかヨードの香りが口の中をヒリリと焦がす。
インパクトは12年もの特有の力強さを感じました。

ホワイトホース 12年 ロックで

ロックが合いそうな力強い味わいということでロックを試しました。

ストレートで飲んだだけでは感じなかった甘味が立ち、スモーキーな力強さを感じる後味へと若干の変化。

香りも力強い。香りの系統はホワイトホース無印を感じます。
少しまろやかになりつつ、野性味も残したホワイトホースの正当進化版という感じになりました。

ホワイトホース 12年 総評

まろやかさがアップし、洗練された「ホワイトホース」という趣。ホワイトホースの味が好きなら試す価値ありだと思います。

created by Rinker
WHITE HORSE(ホワイトホース)

最後に少し残ったホワイトホース 12年をレモン炭酸水で割ってハイボールにしたところ、レモンの味が立ちすぎてティーチャーズハイボールと変わらない感じになって泣いた。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。