スコッチ ブレンデッド ウイスキー

カティサーク ブレンデッド スコッチウイスキー

ブレンデッドウイスキーのカティサークを飲んでみました。

村上春樹の小説でもお馴染、あまりに有名なこのウイスキー。

近頃はバランタイン ファイネストホワイトホースなど、どちらかというとスモーキーなものをひたすら飲んでいたのですが、少々食傷気味に。

もっと詳しく

そこで、飲み易いスコッチを、ということで調べたところ、「カティサークは飲み易い」という情報をキャッチ・アンド・リリースし、買って来ました。
ライトでスムーズなブレンデッドウィスキーとのことです。

カティサーク 味の系統

飲み易いといっても、やはり、そこはスコッチ。¥1000~のスコッチ特有の、あの香りは結構強いです。
カラメルみたいなバリっと甘い感じ、この香りはなんというのか、フェイマスグラウスなどもこの香がします。
シングルモルトにはこの香りがないので、グレーンウイスキー由来のものと推測しますが、真偽の程はわからないです。

まあ何はともあれ、味は薄目ですが、味そのものは、フェイマスグラウスなのかという気がします。

これはカティサークに限った話ではありませんが、¥1000付近のスコッチは、どうしても味が画一的になりがちな気がします。他にもインヴァーハウス、ブラック&ホワイトなども似たような味がした気がします。イギリスではフェイマスグラウスが不動の人気を誇っているそうなので、安めのブレンデッドが、フェイマスグラウス>寄りの味になるのはいたしかたないところ。

ところでカティサークの評価を読むと、水割りを称賛する声多数。まだロックでしか試していないので、今夜試してみようではありませんか。

PR

-スコッチ, ブレンデッド ウイスキー

あなたにおすすめの記事

シングルモルトレビュー アベラワー 10年

ハイランド産のシングルモルト・ウイスキー「アベラワー10年」のレビューです。シェリー樽とバーボン樽により成熟香が豊かなウイスキーというキャッチコピーです。

デュワーズ ホワイトラベル

アメリカで圧倒的人気を誇るブレンデッドスコッチウイスキー「デュワーズ ホワイト」のレビューです。

ブラックニッカ クリア レビュー

髭おじさんでお馴染の「ブラックニッカ クリア」のレビューです。価格にして800円を切るすごいウイスキーです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 【ジョニ 黒】を飲んでみた

「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」、通称「ジョニ黒」のレビューです。昔は高級ウイスキーの代名詞であったと聞きます。今回はちょい水足し、ロック、ハイボールで試しています。

バランタイン ハードファイヤードを実飲レビュー

バランタイン ハードファイヤードは熟成に使う樽を、アルコールが少し残った状態で火を入れることにより、バニラの香りとかすかなスモークっぽさを生むそうです。

anCnoc(アンノック) 12年

ハイランド・シングルモルトの佳酒、anCnoc(アンノック)12年のガチレビューです。

【アイラのいぶし銀】ブナハーブン 12年

アイラ島のシングルモルトウイスキー「ブナハーブン 12年」のレビューです。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。