定番中の定番「バランタイン ファイネスト」試飲レビュー

2011年5月2日

ブレンデッドスコッチの定番、バランタイン ファイネストを飲みました。言わずと知れた名スコッチです。

ヨーロッパにおけるスタンダードとして揺るぎない地位を獲得しており、世界で売れている3本に1本はバランタイン ファイネストです。イタリアでも人気があるらしいのですが、私はアル.パチーノに激似なものの、全然イタリア人ではないので真偽の程は分かりません。ただ、確かにこの価格でこのクオリティはすごいです。昔ははるか雲の上の存在だったみたいですが、今は¥1,000ちょっとで買えてしまいます。

バランタイン・ファイネスト その味わいは?

香りは独特の感じ。甘い香りのなかにスモーキーさがあり、深く熟成されたかのような香りを感じることが出来ます。

結構クセがある感じですが、定番となっているのが凄いところ。

このクセに病みつきになっている人が多いことが伺えます。これがウイスキーなんやで!といった味わいです。

飲む時の体調によって様々な面を見せるような感じがします。この価格帯の他のスコッチとは一線を画しています。

是非一度飲んで見て下さい。ブレンドウイスキーの奥深さを手軽に味わうのには最適だと思います。

ちなみに、バランタイン17年はザ スコッチの異名を持つ逸品。かつてはファン垂涎の的。まだ飲んだことはありませんが、これも¥4,000~で買えるのですから、やはり凄い時代だと思います。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。