スコッチ ハイボール ブレンデッド ウイスキー

ティーチャーズ セレクト ハイボールにしたときの感想

すっかり遅くなりましたが、メリークリスマス。ティーチャーズ セレクトです。

なんでも、サントリー福與チーフブレンダーが監修した日本人のためにつくったウイスキーとのことで、日本限定品です。ティーチャーズ セレクトはハイボールで真価を発揮するとのことなので、早速試してみましょう。

ティーチャーズ セレクト 印象

まずティーチャーズ セレクト本来の味を確かめるべく、ストレートでためしてガッテン。まず感じたのは酸味が強い。さらにやや人工的なアルコール感も。

通常のティーチャーズも手元にあったので飲み比べてみましたが、ストレートで飲んだ感じでは、通常のティーチャーズの方がおいしいかな、という印象です。

もっと詳しく

やや加水するとまろやかになりしが、想定の範囲内です。ここも通常版のティーチャーズの方が優勢。

ティーチャーズ セレクト ハイボール

では満を持してティーチャーズ セレクトをハイボールにして試してみると、嫌な雑味やクセが全くない、純粋なハイボール、といった趣になりました。

元々薄いハイボールにあまり特徴はないのですが(暴論)、それにしても全く癖がない。

旨いかどうかと言われると、旨い。大変クヲリティの高いハイボールになり申した。

「神の舌を持つ男」みたいなタイトルの漫画を読んだことのある気がする私の舌をもってしても、雑味を感知せず。

比較のために通常版ティーチャーズのハイボールも試してみたところ、今までは全く気にならなかった僅かな苦味と水っぽさがを感知。

まとめ

ハイボール中心にやるのであれば、一度試してもいいと思います。ただ、もう割と売り切れている模様。手に入るようなら買ってみて損はないと思います。

PR

-スコッチ, ハイボール, ブレンデッド ウイスキー
-

あなたにおすすめの記事

【アイラの奇跡】 ラガヴーリン 16年

アイラ島の気候が産みだす奇跡のウイスキー、「ラガヴーリン 16年」のレビューです。アイラウイスキーについても説明します。

バランタイン ファイネスト 試飲レビュー

言わずと知れた名スコッチ「バランタイン ファイネスト」のレビューです。 昔は遥か雲の上の存在だったみたいです。

anCnoc(アンノック) 12年

ハイランド・シングルモルトの佳酒、anCnoc(アンノック)12年のガチレビューです。

グレンフィディック 12年

シングルモルトウイスキー。グレンフィディック12年です。 シングルモルトでは出荷数世界1位を誇る、王道のウイスキーです。その前にシングルモルトとは何か、少し解説します。 目次1 シングルモルトとは?2 ...

バランタイン 12年 ブルー

「バランタイン ブルー 12年」のレビューです。最初の方はあまりありがたみがなかったのですが、 今では好きな一品です。

バランタイン ファイネストをロックで

ウイスキー定番中の定番「バランタイン ファイネスト」をロックで飲んでレビューします。

トリス エクストラ

トリス クラシックをハイボールで飲みまくっているのですが、一度試して見ようと思ってトリス エクストラを買いました。その小学生並みの感想です。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。