ティーチャーズ セレクト ハイボールにしたときの感想

2020年1月15日

すっかり遅くなりましたがメリークリスマス。ブレンデッドウイスキーの「ティーチャーズ セレクト」を飲みました。

「セレクト」版はサントリーのチーフブレンダーが日本人のために監修したウイスキーとのことで日本限定品です。ティーチャーズ セレクトはハイボールで真価を発揮するとのことなので早速試してみます。

ティーチャーズ セレクト ストレートで

まずはティーチャーズ セレクト本来の味を確かめるべくストレートでためしてガッテン。

まず感じたのは酸味が強い。さらにやや人工的なアルコール感も。

通常のティーチャーズも手元にあったので飲み比べてみましたが、ストレートで飲んだ感じでは通常のティーチャーズの方がおいしいかなという印象です。

もっと詳しく

やや加水するとまろやかになりしが想定の範囲内です。ここも通常版のティーチャーズの方が優勢。

ティーチャーズ セレクト ハイボール

では満を持してティーチャーズ セレクトをハイボールにして試してみると、嫌な雑味やクセが全くない、純粋なハイボールといった趣になりました。

元々薄めのハイボールにはあまり特徴はないのですが(暴論)それにしても全く癖がない。

旨いかどうかと言われると旨い。大変クオリティの高いハイボールになりました。

比較のために通常版ティーチャーズのハイボールも試してみたところ、今までは全く気にならなかった僅かな苦味と水っぽさを感知。

まとめ

ハイボール中心にやるのであれば一度試してもいいと思います。

割と売り切れている模様。手に入るようなら買ってみて損はないと思います。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。