デュワーズ 12年

デュワーズ 12年

ブレンデッドウイスキーのデュワーズ 12年です。

B009RUOREE

最近は病弱な虚弱体質気味で、ウイスキーの消費量が若干減少。安いものを沢山飲むより、ちょいといいモノをチビチビ飲むのもいいかと思い、以前から気になっていたデュワーズ 12年にトライ。

以前デュワーズ・ホワイトラベルをご紹介いたしましたが、その12年ものということになります。

スポンサーリンク

デュワーズ 12年 味わい

いつも通りグラスに注ぎ、そっと香りを確かめます。香りの感じは初め梅、プラム。そして時々梅。

また、ほんの僅かにゴムの樹ようなウッディな香り。まあゴムの樹なんて、見たことも嗅いだこともないんですが、多分タイヤみたいなもんでしょう。アルコール感もそんなにないですが、酸味を予感させる香りを放っています。

味わいにも派手な感じはなく、どちらかと言うと控えめなのですが、まろやかさ、華やかさ、コク、ボデー全て良く、非常にバランスがとれています。スモーキーさや潮っぽさ、ヨードな感じも無く、癖のない素直な味わい。日本人好みの味わいではないでしょうか。

デュワーズ 12年 ストレートで

まずストレートで味わうと甘いのですが、甘さとほろ苦さのグッド・バランス。また、骨太で深みのあるフルーテーな味わいです。そして、酸味のあるフィニッシュ。嫌な酸味では決してなく、爽やかな、良い酸味です。ボデーは中庸という感じ。

ブレンデッドウイスキーの良い所を全て兼ね備えていて、まさにブレンデッドのお手本という感じです。至極まっとうなウイスキーで、とても飲みやすい。

エグみ、苦味などもジョニーウォーカー・レッドなどと比べて少なめです。このデュワーズ 12年はブレンドした後、再び樽で半年ほど寝かしているようです。この期間がグッドバランスの秘訣なのかも知れません。

デュワーズ 12年 ちょい水を足して

やや加水したところ酸味が後退し、円やかさを帯びたほんのりとした甘みがゲットイン。

これならどんな飲み方にも合うんではないかということで、ロックにしてみたならば、深みはなくなるものの、軽やか、かつ、やや口当たりが柔らかく、酸味が増す。すっきりとした爽やかな味わいで、非常に飲みやすい。そんなに味が崩れることがないのは流石。ロックも美味しいですね。

そんなこんなでかなりのハイペースで空けてしまったンゴなのですが、最後の1杯を飲むのが惜しい気がしたので、しばし(1ヶ月くらい?)放置。昨日意を決して、最後の一杯を飲んでみました。

ストレートで飲むと、スパイシーかつキリッとした酸味が。フィニッシュも軽やか。味わいの変化はそんなにありませんでしたが、やはり早めに飲みきった方が良いかもしれません。

デュワーズ 12年 総括

ブレンデッド・ウイスキーの真骨頂である、バランスの良さ、まろやかさ、コクを兼ね備え、フルーティで飲みやすいウイスキー。これはかなりのヒットです。飲みやすいので、ウイスキー慣れしていない人にもおすすめ。

また、割りとシンプルでポップなラベルのデュワーズ・ホワイトラベルと比べると重厚で、やや高級感のあるデザインなので、プレゼントにも良いかも知れません。

後で知りましたが、キーモルトがシングルモルトのアバフェルディ

アバフェルディは個人的にとても好きなのでそちらもおすすめです。