【アイラのいぶし銀】ブナハーブン 12年

2013年7月16日

アイラ島のシングルモルトウイスキー「ブナハーブン 12年です。

アイラウイスキー(アイラモルト)と言えばラフロイグやボウモアなどが人気ですが、村上春樹のアイラ島巡りの日記である「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」、通称「もしボラ」によると、それらとは少し系統が違うみたいです。

ブナハーブン 12年 味わい

まず香りを味わいます。

アイラっぽい、ガツンとした感じを予想していたのですが、香り自体は少し弱め。立ち上ってくる感じではありません。

しかし、一口飲んでみるとそこはやはりアイラウイスキー、深みのある香りがガツンときます。

味わいの印象としてはザ・フェイマスグラウスのクセのある部分を3倍凝縮した感じで、結構な塩気が感じられます。

アイラ産のウイスキーは潮風が麦に塩味をつけるそうな。後味は心地よい余韻が残ります。

ブナハーブン 12年 水割り

次に少し水で薄めて飲んでみます。

やはり印象はザ・フェイマスグラウスだけどその中に少し華やかさがあるような。

逆にスコットランドでの売り上げNo.1 ザ フェイマスグラウスはこれを模したものとも言えます。

全体的には穏やかで控えめ、でも深みのある味わいといったところです。人工的アルコールの感じはあまりしませんでした。

とても12年ものとは思えないほどの落ち着きのあるこのウイスキー。

ただやはりアイラ・ウイスキーなので、飲み手を選びます。今までブログに登場した中ではヨードを最も強く感じたウイスキーでした。

ブナハーブン 12年 総括

blog_import_548b9904aa61d
イイキブーン

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。