ワイルドターキー 8年 良質なバーボンをレビュー|初心者による初心者の為のウイスキーの話など。/h1>
By | 2018年6月3日

ワイルドターキー 8年 良質なバーボンをレビュー

こんにちは。2級品のミイラのような干からびた相貌のともぞうです。

夏になりつつある今日この頃、暑い季節にはロックやな、ロックはバーボンやな、ということで、久しぶりにバーボンをナチョス(チョイス)。選んだのは、少し奮発して、ワイルドターキー8年です。

スーパーなどにも売っている有名なバーボンですね。1940年に爆誕した、実に80年に渡り人気を博している、ものすごいウイスキーです。角が1937生まれなので、それより少し後。8年以外には無印版、ライ麦版などがあります。

ワイルドターキー | 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。

スポンサーリンク

ワイルドターキー 8年 ストレート

香りは酸味があり、やや梅っぽい感じがします。ワイルドターキー8年のアルコール度数は50.5%なのですが、ストレートで飲んでもアルコールの感じはそこまで強くありません。ビリビリとは来ますが、どこかマイルドです。

しかしながら、そこはやはりバーボンで、ワイルドターキー8年を口に含むと焦がした樽の香りがブワッと広がり、鼻を抜けていきます。

ストレートで飲んだ感じですと、バーボン特有のバナナっぽい甘さはほとんど感じません。昔飲んだ印象ではかなり甘い印象でしたが、味が変わったかワタシの味覚が変わったアルヨのどちらかです。硬派だけど、マイルドさを備えたバーボンという趣です。クオリティは高いです。

次に、少し水を加えてみます。

かなり飲みやすく、角が取れた上質なバーボンという趣に。少し水を加えただけで印象は随分と違ってきます。トロリとした甘さがあり、焦げた樽の心地よい香りのフィニッシュです。

ワイルドターキー 8年 ロックで

バーボンといったらロック!ということで試したロック。やはり穏やかで優しい香りがします。また、アルコール感がかなり薄まります。さらに、人工的なアルコール感は皆無と言って過言ではないレベルで、飲みやすい。マイルドさの中に甘い香りと少しの苦味。ジャックダニエルが剛のバーボンなら、ワイルドターキー8年は柔のバーボンといった趣です。少し苦味が気になりましたが、少し加水すると消えました。

ワイルドターキー 8年 まとめ

少し奮発して買ったバーボンですが、やはりワイルドターキーは期待を裏切りません。ロックが美味しい季節、豪快にバーボンを煽るもよし、じっくりストレートで味わうもよし。個人的にはメーカーズマークよりおすすめです。

おまけ

ラベルをよく見ると、上辺がギザギザ。かつ、黒のノイズが入っています。なかなか手が込んでいて、ラベルはなんというか、キレイです。クリーンで高級感があります。まさにファイン。見ているだけでテンションが上がるボトルです。

クリックをどうか・・っ!
(Visited 877 times, 1 visits today)

スポンサーリンク