バーボン 飲み方やグラスなど

ワイルドターキー 8年 良質なバーボンをレビュー

2級品のミイラのような干からびた相貌のともぞうです。

暑い季節にはロックやな、ロックはバーボンやな、ということで、久しぶりにバーボンをチョイス。少し奮発して、ワイルドターキー 8年を買いました。

バーボンウィスキー ワイルドターキー 8年 [ ウイスキー アメリカ合衆国 1000ml ]

スーパーなどにも売っている、有名なバーボンです。1940年に爆誕した、実に80年に渡り人気を博している、ものすごいウイスキーです。

サントリー角が1937生まれなので、それより少し後になります。

もっと詳しく

ワイルドターキーですが、8年以外には無印版、ライ麦版などがあります。

もっと詳しく

ワイルドターキー 8年 ストレート

香りは酸味があり、やや梅っぽい感じがします。ワイルドターキー8年のアルコール度数は50.5%なのですが、ストレートで飲んでもアルコールの感じはそこまで強くありません。

ビリビリとは来ますが、どこかマイルドです。

しかしながら、そこはやはりバーボンで、ワイルドターキー8年を口に含むと焦がした樽の香りがブワッと広がり、鼻を抜けていきます。

ストレートで飲んだ感じですと、バーボン特有のバナナっぽい甘さはほとんど感じません。昔飲んだ印象ではかなり甘い印象でしたが、味が変わったかワタシの味覚が変わったアルヨのどちらかです。

硬派だけど、マイルドさを備えたバーボンという趣です。クオリティは高いです。

次に、少し水を加えてみます。

かなり飲みやすく、角が取れた上質なバーボンという趣に。少し水を加えただけで印象は随分と違ってきます。トロリとした甘さがあり、焦げた樽の心地よい香りのフィニッシュです。

ワイルドターキー 8年 ロックで

バーボンといったらロック!ということで試したロック。やはり穏やかで優しい香りがします。また、アルコール感がかなり薄まります。

さらに、人工的なアルコール感は皆無と言って過言ではないレベルで、飲みやすい。マイルドさの中に甘い香りと少しの苦味。

同じくらいの価格のジャックダニエル ブラックが剛のバーボンなら、ワイルドターキー8年は柔のバーボンといった趣です。

もっと詳しく

大人バーボン ジャックダニエル | 初心者によるウイスキーの話など。

少し苦味が気になりましたが、少し加水すると消えました。

ワイルドターキー 8年 まとめ

少し奮発して買ったバーボンですが、やはりワイルドターキーは期待を裏切りません。

ロックが美味しい季節、豪快にバーボンを煽るもよし、じっくりストレートで味わうもよし。個人的にはメーカーズマークよりおすすめです。

プレミアムバーボン メーカーズマーク レッドトップ

ラベルをよく見ると、上辺がギザギザ。かつ、黒のノイズが入っています。
なかなか手が込んでいて、ラベルはなんというか、キレイです。クリーンで高級感があります。まさにファイン。
見ているだけでテンションが上がるボトルです。

PR

-バーボン, 飲み方やグラスなど
-,

あなたにおすすめの記事

6-bourbons
Amazon主催クラフトバーボンセミナーのレポート

先日、アマゾン主催のブロガーの集い、「クラフトバーボンセミナー」に紹介され入って参りましたのでそのご報告です。ベイゼル ヘイデン、ノブクリークやブッカーズといったバーボンのレビュー。

ice-and-glass
ウイスキーと氷と私~ロック・ハイボール用の氷を自作する方法

上手いロックに役立つ透明な氷の作り方をご紹介します。

wild-turkey
ワイルドターキー スタンダードを飲んだ感想

お久しぶりです、クリント・イーストウッドです。年末年始の暴飲が祟り、すっかりブログが滞ってしまいましたが今年も書いていきたいと思っておりますので、ワン・プリーズ(1つ宜しくお願い致します)。

エヴァン ウィリアムス ブラックラベル

バーボン「エヴァン・ウイリアムス」のレビューです。今までバーボンは敬遠してきましたが、「ワイルド・ターキー8年」が美味かったのでバーボンもいいなということで。

ブッカーズ〜究極のバーボン

究極のバーボン、ブッカーズ。手元にあるボトルは2014年7月瓶詰め、7年7ヶ月13日熟成、アルコール度数64.45%(!)とあります。

大人バーボン ジャック ダニエル

バーボン「ジャック ダニエル」のレビューです。無骨な雰囲気が男らしさを演出してくれる1本です。

ジムビーム ホワイトラベル

タイミング的にはここで「ブラックニッカ クロスオーバー」をレビューするべきなのですが、ここで「ジムビーム ホワイトラベル」について書いて不意を突いた形になります


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。