ハイボールにおすすめのウイスキーまとめ

2016年5月1日

本当はトリスハイボールが思いのほか良かった件について書こうと思ってましたが、どうせならゴールデンウィークに便乗してGW特別企画 ハイボールにおすすめのウイスキーをお送りしたいと思います。

場面はバーベキューをそこはかとなく意識。

GWが終わった後は「GW特別企画 」のところだけ取って再アップするという2段構えの姑息な企画となっています。

トリスクラシックのハイボール

意外に思うかも知れませんが、トリス クラシックのハイボール。

コストパフォーマンスに優れているということで選出。

CMではロックを推しているようですが、ロックやストレートよりハイボールにすると意外とイケるのがトリス クラシック

もっと詳しく

「なにコレ超うまいじゃん!」という感じではありませんが、可もなく不可もなく、癖のないハイボールという感じで作れるので気軽に飲めます。

とりあえず大人数でバーベキューをしながら飲むハイボール、などというシチュエーションでは安上がりで楽しめます。

その際はボトルをバランタイン17年など高級なモノに詰め替えておくという心遣いをすると、喜ばれることでしょう。

なぁに、事前にビールをたらふく飲ませておけば存外バレないものよ。

トリスクラシック 美味しいハイボールの作り方

トリス クラシックでハイボールを作るときのコツは、ウイスキーをかなり少なめにすることです。

ウイスキー:炭酸水は1:2.5~1:3くらいにするといいと言われていますが、トリス クラシックの場合はもう少し伸ばしても大丈夫だと思います。

ハイボールの場合はウイスキーを濃くすれば美味しくなるというわけでもなく、ベストな比率というものがあるようです。

一度、分量を間違えてウイスキー:炭酸水=1:1のハイボールを作ってしまったのですがむしろ不味くなってしまって大失敗。

大きいグラスに移し替えて炭酸水を足して事無きを得ず。

まあそんなこんなで大人数でバーベキューをするときなど安く済ませたいならトリス クラシックで充分かなと。

ラフロイグのハイボール

このブログでも何度か紹介してますがアイラ島産シングルモルトウイスキー「ラフロイグ」を使ったハイボールがおすすめです。試したことのあるのは10年モノ。

もっと詳しく

シングルモルトをソーダ割りにするなんて・・・と思う方もいると思いますが、やってみて後悔するもよし、意外とイケると思うもよし。

キリッとした爽やかなハイボールになりますが、味はアイラウイスキーそのものです。

かなりスモーキーな味わいになるのでバーベキューの香ばしさとよく合います。

アイラウイスキーもかなり伸びるので、少し炭酸水多めでも大丈夫です。

ベイゼル・ヘイデン ハイボール ~ 妄想編

妄想編とは諸事情(主に財政状況)によりまだ試していませんが、きっとのことハイボールにすると上手いウイスキーということで、クラフトバーボンのベイゼル・ヘイデン。以前クラフトバーボン試飲会で頂いたバーボンです。

もっと詳しく

ややスパイシーでミントの香りが微レ存という珍しいウイスキーですが、ペッパーミントの香りがあるというだけでハイボールとの相性が良さそうな感じです。

ベイゼル・ヘイデンハイボールはプロおすすめのレシピでもあります。

また、バーベキューの場面でこのウイスキーを持ち出すと、「通っぽさ」も演出できる1本です。

ベイゼル・ヘイデン
created by Rinker

ハイボールにおすすめのウイスキー まとめ

グラスはこんな感じの背の高いものを使うとシャレオツでっせ。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。