ウイスキーと氷と私

ウイスキーと氷と私

こんにちは、ともぞうです。

風呂上がりはハイボールかロックを飲みますが、今宵はロック…喉を潤してからストレートに入ります。まあそんな事はどうでもいいのですが、やはりロックは、グラスと氷にもこだわりたいものです。氷は大きいと溶けにくく、見た目もいいです。透明だと、なお良し。テンションが上がります。

スポンサーリンク




透明な氷の作り方

透明な氷の作り方ですが、まずタッパーに水を入れ、それをそのまま凍らせます。ゆっくり凍ると透明な氷になるようなので、タッパーの下には割り箸や、スーパーで売ってる、パックの発泡スチロールを敷いたりして、ゆっくり凍らせるようにします。

私は冷蔵庫の温度調整が出来るスペースに入れて、温度をマイナス四度に設定してます。最初は沸騰させた水を使ってましたが、あまり効果がないのて、止めました。ただ、浄水器を使うのは効果があると思います。氷の白い部分は不純物なので、不純物があまりにも多い場合は、浄水器を使うのがよいでしょう。

[amazon_link asins=’B074P7WQJB,B074P7KWZ9,B01C449ST8′ template=’ProductGridKai’ store=’emera3500-22′ marketplace=’JP’ link_id=’ff77e32d-a11b-4e5e-a5d0-97db93008ab5′]

そうして凍らせた氷を、アイスピックで割っていきます。

まずはタッパーに入った氷を、大き目なボウルに空けます。氷が大きい場合は、あらかじめタッパーに入った氷を半分くらいになるよう、アイスピックでヒビを入れておきます。こうすると、ボウルに空けた時に、半分のサイズのアイスx2が取り出せます。

その後、ちょうど良いサイズに割っていき、タッパーに戻して保存します。割る際には、百均で売っているポリエステルのビニール手袋(薄い100枚入りのやつ)を左手に嵌めて氷を持ち、右手でアイスピックを握ると、氷を清潔に保てます。

アイスピックで氷を割るコツですが、強くやりすぎないことと、砕くのではなくヒビを入れていく感じで叩いていくこと。アイスピックで軽くトントンと叩きながら、割りたい線を入れていきますと、やがてその線のところでぱっくりと割れます。あと、アイスピックは、尖った部分を5mm~1cmくらいしか出さないように握ると、思わぬ事故を防げると思います。ただ、キッチンは飛び散った氷でビショビショになります。

この際、透明な部分を、ウイスキーのロック用にストックし、白く濁った部分を含んだ氷は、普通のものを飲む時に使ってます。デカい透明な氷は溶けにくく、不純物を含まないので、味を汚すことはありません。透明で綺麗なカタチの氷を切り出せた時は楽しいので、一度試してみてはどうでしょう?

[amazon_link asins=’B007JS1N9S,B001U7CSMK,B004D28VNO’ template=’ProductGridKai’ store=’emera3500-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a0581e0c-166d-4afd-82df-347d2b736155′]

グラスは氷の大きさに負けぬよう、大き目のものがおすすめです。

[amazon_link asins=’B005I0HY3S,B00HJIG5CS,B0042CVF9C’ template=’ProductGridKai’ store=’emera3500-22′ marketplace=’JP’ link_id=’d8f812e3-bf83-4fc7-a054-aeda653956f5′]