トリス クラシック

トリス クラシック

こんにちは。東出昌大と柄本明です。

そんな訳でこのブログの趣旨から言って外せない一本、サントリートリス クラシックです。

トリスシリーズを飲むのは初めてなので、一心不乱に飲みたいと思います。

スポンサーリンク

トリス クラシック 気になる実力は?

柄本明の状態でグラスに注ぎ、東出昌大の状態で味わいます。まず、色の薄さが目につきますが、口噴射ミスト・in・the(ジ)・airにして香りを確認すると、儚くほんのり香るかな、という感じです。

やおら一口呑んだらば、アルコール感はあまり感じません。安ウイスキーは概ねアルコール臭も強いのですが、これは意外とGoodポイント。

さらに、サイフォン式カフィ・メーカーで沸騰させて香りを確かめると、ほんの僅かな甘み、フルーティな感じも微レ存といふ感じで、第一印象はそんなに悪くありません。ただ、少し紹興酒っぽい香りも。

トリス クラシック ストレート

ストレートで飲むと、やはり、ややピリっとした感じはあるものの、意外とあっさりとした印象で、味わいはそんなに悪くない。後味も甘めで悪くないです。

同じ価格帯のブラックニッカ クリアともまた違う。トリス クラシックの方は、なんだか栗っぽい香りと後味です。これはあまり経験したことがない後味。

次に、少し加水

次に、少し加水すると、アルコール感がぐっと増して、麦っぽい渋みがcoming in。ちょっとこれはいただけませんね。ロックで飲むとそこそこいい感じになるので、トリス クラシックはロック、もしくは思い切って水割りが正解なのかもしれません。

水割りにしてしまうと欠点もあまり気にならなくなるので、ちょうど今の私のように、酔って味が分からないけど飲みたいときには最高のウイスキーです。

トリス クラシック ハイボール

いみじくもトリス クラシックをレビューするからには、ハイボールは外せないと思い、試してみることに。

torys highball1

トリス クラシックを氷で満たしたグラスにやや少なめに注ぎ、そこにジョニーウォーカー・レッドのノベルティで付いてきたKIRIN NUDAを注ぐという、鬼畜の如い所業に震えながら味わうと、中々いい感じのハイボールになりました。

美味しい!という感じではありませんが、全く癖のないハイボールで、安いウイスキーであることを忘れてしまいます。氷と炭酸水が、安ウイスキーの悪いところを上手く消し去った感じです。

ブラックニッカ リッチブレンドで割った時のような甘さ、うまさはありませんが、癖のないハイボールを所望するなら、これで十分。安いですし。

炭酸水でも良いですが、レモン味の炭酸水もおすすめです。特におすすめは、VOX レモン味。コスパや良し。最近はこれをトリス ハイボール用にリピートしています。

うまいウイスキーを割るときは、レモン味の炭酸水で割るなどもってのほかですが、トリスレベルなら、逆にこれがイイ。

トリスクラシック 総括

アルコール感を抑えつつ、安い小売価格の縛りの中で、なんとか飲めるものにしたいという苦心の後が忍ばれる一本。ブラックニッカ クリアは開き直ったアルコール感があるのに大して、トリス クラシックはなんとかそこを少し抑える代わりに、微妙に違和感のある甘みが、特に加水した時に感じてしまいます。

ストレート+少しの水という飲み方では、最低価格帯のよりはいいものの、ブラックニッカ クリアに少し及ばず、といった評価になりました。

ただトリス クラシックはハイボールにするとその真価を発揮するという感じで、ハイボール用に買うのであれば中々ありなんじゃないかと思います。最近はハイボールにハマっていて、もっぱらこれをリピート買いしています。