ともぞうウイスキー・アワード 2016

ともぞうウイスキー・アワード 2016

完全に時期を逸した感はありますが、ここでともぞうウイスキー・アワードと称して現時点でのベスト・ウイスキーを選出したいと思います。部門は3部門で コストパフォーマンス部門、クオリティ部門、お手軽ウイスキー部門から1本ずつ選びたいと思います。まあウイスキーなぞ個人の好みなので、なんとも言えないところがあるのですが、1度くらいは飲んでみても損はないものを選んでいます。初めての試みなので、候補はこのブログでレビューしたウイスキー全てです。

スポンサーリンク

コストパフォーマンス部門

コストパフォーマンス部門からフロム・ザ・バレル

マッサン効果で品切れが続いていましたが、供給が安定してアマゾンで2,500円ほど。この価格で買える本格ウイスキーということで選出。どっしりとした味わいでこれぞウイスキー、という感じに仕上がっていると思います。

クオリティ部門

続きてクオリティ部門という曖昧な部門から「ハイランドの雄」オーバン 14年

どこかで聞いたことのある言い回しですが、これぞシングルモルトという力強い味わいです。シェリー樽熟成という高級ウイスキーによくある味わい。14年というこだわりの熟成期間も相まっていいウイスキーに仕上がっています。

お手頃ウイスキー部門

¥1000台で買えるお手頃ウイスキー部門からジョニーウォーカー レッドラベル

この価格帯ではティーチャーズバランタイン・ファイネストデュワーズ、ブラックニッカ シリーズなどいいウイスキーが目白押しですが、ここはジョニーウォーカー レッドラベルを推したい。

お手本のようなウイスキーと称されるように非常にバランスがよくまろやかなウイスキーです。ブレンデッドとはどういうものか、これを飲めばわかるということで選出。今年飲んだ中ではニッカ G&Gも非常に良かったのですが、残念ながら終売。

特別賞

特別賞としてラガヴーリン 16年を選出。

この華やかかつスモーキーな味わいは唯一無二の味わい。まさに奇跡のウイスキーです。アイラウイスキーがそんなに好きではない人にもおすすめしたい一本です。

まとめ

さていかがでしょうか?この企画はまた来年にでもやろうかと思うています。特にオーバン14年の記事など超絶不人気なので、こういったところで陽の目を見ることを願いて候。まあ全然面白くない記事なのであまりおすすめしないですが。このタイミングで唐突にあけましておめでとうございます。今年もホソボソとやっていきますのでよろしくお願い致します。