シングルモルト スコッチ

バルヴェニー 12年 ダブルウッド

人気のシングルモルト、バルヴェニー 12年 ダブルウッド

この味わい豊かなシングルモルト。かのグレンフィディック12年の姉妹蒸留所で作っているらしいです。

ダブルウッドはバーボン樽での熟成のあとシェリー樽に詰め替えるというもの。シェリー樽を使うことで「fruity and honeyed」な味がつく、とラベルにあります。

ウイスキーにおける「蜂蜜」や「バニラ」というキーワードには心を揺さぶられます。私が蜜蜂養殖やバニラ農園を経営しているから、という意味ではありません。さてこのうまそうなウイスキーを前に色めき立ちながら一杯。

バルヴェニーの魅力

期待を裏切らない濃厚な味わいです。同時に飲んだオーバン14年よりは若干弱いですが、12年の中でこの味わいは流石です。

もっと詳しく

しかしこのクラスのウイスキー(タリスカーラガヴーリンアードベッグなど)になると全体的に勢いがあり、フィニッシュが力強い。

グワッときます。

原料も同じ、熟成期間も同じ、アルコール度数も大体同じなのにこんなに違ってくるものなのか。不思議。ダブルウッドなので、マッカランなどのシェリー樽熟成のウイスキーほどシェリーの味は強くありません。

私にはそれがいい。

すこし値が張りますが、バニラの薫る甘い感じのスコッチが好きな方なら試す価値はあると思います。

香味の特徴
色=赤みをおびた深い琥珀色。
香り=はじめバーボン樽、ついでシェリー樽で熟成、2種の樽の特徴が調和した、甘く繊細な熟成香。
風味=フルボディー。
口あたり=深みのある力強いコク。
後味=シェリー樽由来の豊かな余韻。
*サントリーHPより抜粋

PR

-シングルモルト, スコッチ

あなたにおすすめの記事

Amazon新生活セール対象のウイスキーまとめ

現在開催中のAmazon新生活セールで、セールの対象になっているウイスキーを多数発見。ただ、同じお酒でもサイズ違いのものも多数。700mlに換算しながらお買い得度をみていこうと思います。 目次1 スコ ...

【アイラの奇跡】 ラガヴーリン 16年

アイラ島の気候が産みだす奇跡のウイスキー、「ラガヴーリン 16年」のレビューです。アイラウイスキーについても説明します。

ウイスキー ホワイトホース ピートの香りを求めて

キーモルトにラガヴーリンを使用している「ホワイトホース」を試してみました。さあどんと来い、ピート!

余市 無印

ニッカの誇り「余市」のレビューです。昔ながらの炭を使ったやり方で作っている、ニッカのコダワリを感じることができる一本です。

シングルモルト アバフェルディ

南ハイランドタイプらしい、濃厚な麦の甘みとまろやかな飲みやすさが混在した一本。

バランタイン ハードファイヤードを実飲レビュー

バランタイン ハードファイヤードは熟成に使う樽を、アルコールが少し残った状態で火を入れることにより、バニラの香りとかすかなスモークっぽさを生むそうです。

グレンマレイ クラシック

今日ご紹介するのはスペイサイドのシングルモルト、グレンマレイ クラシックです。シングルモルトウイスキーの中では最安値に入る部類のウイスキーです。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。