スコッチ ブレンデッド ウイスキー

ティーチャーズ ハイランドクリーム

以前から気になっていましたが、家のスコッチをあらかた飲んでしまったので購入。ティーチャーズ・ハイランド クリームです。

【ハイボールと相性抜群】スコッチウイスキー ティーチャーズ ハイランド クリーム [ ウイスキー イギリス 700ml ]

なによりハイランド・クリームというサブタイトルがイイ!期待値は高いです。

かなりの評判だったので期待して飲んだのですが、その味や如何に!?

ティーチャーズ ハイランド・クリーム 味わい

う~ん、確かにおいしいですが、少々期待値を上げすぎたようです。

誤解がないように言いますが、決して悪くはありません。味の系統としてはジョニーウォーカー・レッドが近いと思います。

もっと詳しく

違いはジョニーウォーカー・レッドがまろやかでコクがある感じに対し、ティーチャーズ・ハイランド クリームは後味に少し酸味があって爽やかな感じになっています。

開栓直後は少し果物の香りがした気もしますが、単に酔っぱらってそんな気がしただけかも知れません。

こんな風に書いておいてあれなんですが、ティーチャーズ ハイランド クリームは変なクセもなく、¥1,000台のスコッチとしては、今までの飲んだ中でも1,2を争う出来。ジョニーウォーカー・レッドバランタイン ファイネストと並んでスタンダードといってもいい味わいだと思います。

ティーチャーズ ハイランド・クリーム オン・ザ・ロック

ロックにしてもなかなかイケます。いや、ロックにした時の味わいは¥1,000台のブレンデッドの中では一番かもしれません。そしてストレートにチョイ水足しでも充分楽しめます。これはもう少し吟味する必要がありますが、また買うかも知れません。

追記:昨日久しぶりに飲んでみましたが、開けたてはかなりスモーキー。そして味わいはまろやかで深みがある良いウイスキーだと改めて実感。さらに、このスモーキーさが気になってキーモルトを調べてみました。私の予想はハイランドパークでしたが、正解は「アードモア」とのこと。ピーテッド麦芽を使うスモーキーフレーバーが特徴のようです。

寸評:迷ったら買って損はないです。というか一度は飲んでみるべし。

追記 ティーチャーズを水割りで

開栓して暫くたち、少し酸味が強くなってきました。暑いせいもあるかも知れません。
ですが決して悪くはありません。程よく酸味があって軽快な味わいなので、水割りを試してみたところ、これが非常にいい感じに。

最近は食中酒として、また飲み始めの最初の一杯として、もっぱらティーチャーズを水割りにしています。
ティーチャーズの水割りはクセがなく、ほんのり甘みがあり、非常に飲みやすいです。喉が渇きがちなこの時期、つい飲み過ぎがちです。

標準的なウイスキーであるジョニーウォーカー・レッドバランタイン ファイネストと比較した場合、一番割って飲むのに適しているのはティーチャーズだと思います。

特におすすめ!

PR

-スコッチ, ブレンデッド ウイスキー
-

あなたにおすすめの記事

ブラックニッカ ディープブレンド

レモンサワーを飲みながらウイスキーブログを書く不良のともぞうです。という訳でブラックニッカ ディープブレンドのレビューです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 【ジョニ 黒】を飲んでみた

「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」、通称「ジョニ黒」のレビューです。昔は高級ウイスキーの代名詞であったと聞きます。今回はちょい水足し、ロック、ハイボールで試しています。

哀愁のアイリッシュ ウイスキー ジェムソン

かつて隆盛を極めた伝説のアイリッシュ・ウイスキー「哀愁の ジェムソン」のレビューです。

サントリー 角

ウイスキーの代名詞、絶対王者のサントリー「角」のレビューです。

シングルモルト マッカラン 12年の実飲レビュー

ハイランドモルトの雄、シングルモルト マッカランの実飲レビューです。シェリー樽熟成ウイスキー由来の香り漂う一本です。

ホワイトホース、ハイボールで

ウイスキーは「ブラックニッカ リッチブレンド」を買いがちですが、ハイボールにするなら、ちょいと安めのものということでホワイトホースを買うことに。ハイボールにしたときの感想です。

デュワーズ 12年

最近は病弱な虚弱体質気味で、ウイスキーの消費量が若干減少。安いものを沢山飲むより、ちょいといいモノをチビチビ飲むのもいいかと思い、以前から気になっていた、デュワーズ 12年にトライ。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。