ジャパニーズ ウイスキー ニッカ ブレンデッド ウイスキー

スーパーニッカを飲んで思うこと

好きな言葉は「ジェットストリーム」です。というわけで、スーパーニッカです。

なかなかの歴史を持つ銘酒。最近装いを新たにしたそうです。やまやで¥1900円でした。以前なら間違いなく竹鶴12年を選んでいたのですが、竹鶴12年はもうどこにも存在しない。

スーパーニッカ 味わい

まず、いつものように、おもむろにウイスキーを鼻に流し込んで、香りを確かめます。刺激は少なくややヨードっぽい香り。

次に、喉ごしを確かめるためグイッとグラスを傾ける→むせる→死にかける。ボデーはライトからミデアムといったところ。まろやかさは少なめ、酸味がありすっきりとした味わい。

色も若干薄め。味わってみるとまず若い。結構なアルコール感です。これはやや高めの価格帯と不釣り合いですね。これならG&Gの方がいいのでは?良くも悪くも「若い」ウイスキーの味。

スーパーニッカに少し加水

次にちょい水を足して確かめてみてごらん。まろやかさがアップしましたが、アルコール感は消えません。加水したところで、あまり深みも感じることが出来ず・・・数日間寝かせると味わいにやや変化。

アルコール感が若干弱まり、同時にボディも、やや弱まったように感じます。薄っぺらくなったというと、言い過ぎでしょうか?味わいは麦!といった感じになりました。ということで、この値段ならネガティブな評価にならざるを得ません。

スーパーニッカ 総括

ニッカには多大なる期待を持って接している分、やや不満。
悪くはないのですが、値段を軽々と超えるようなクオリティを持つ、という感じではありませんでした。値段とのバランスが、あまり取れていないように感じます。

そのようなことを考えながら、次の一本、ハイニッカを買うのでありました。

もっと詳しく

PR

-ジャパニーズ ウイスキー, ニッカ, ブレンデッド ウイスキー

あなたにおすすめの記事

キリン 富士山麓 を飲んでみて

キリンの力作「富士山麓」のレビューです 。 澄んだ飲み口、甘い樽熟香、心地よい余韻とラベルにはありますが、実際のところはどうでしょうか?

サントリー 角

ウイスキーの代名詞、絶対王者のサントリー「角」のレビューです。

知多
知多 グレーンウイスキー

11年ぶりにサントリーから新ブランド「知多」が誕生。 「軽やかな風」をイメージしたグレーン原酒でつくられたウイスキーでほのかな甘さとなめらかな味わいが特長とのこと。なめらかで心地よい余韻は、素材の旨みを活かした日本食との相性が抜群とあります。

バランタイン 12年 ブルー

「バランタイン ブルー 12年」のレビューです。最初の方はあまりありがたみがなかったのですが、 今では好きな一品です。

ティーチャーズ ハイランドクリーム

正式名称「ティーチャーズ ハイランド・クリーム」のレビューです。 ハイランド・クリームというサブタイトルに期待感が増します。その味や如何に!?

哀愁のアイリッシュ ウイスキー ジェムソン

かつて隆盛を極めた伝説のアイリッシュ・ウイスキー「哀愁の ジェムソン」のレビューです。

竹鶴 ピュアモルト

竹鶴12年と入れ替わる形で発売を開始した「竹鶴ピュアモルト」のレビューです。竹鶴12年との違いも。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。