ジャパニーズ ウイスキー ブレンデッド ウイスキー

サントリー オールド レビュー

だるまウイスキーの愛称で親しまれているサントリー オールドです。

国産ウイスキーで一番売れたウイスキーでもあります。

今は少し盛り返しているものの、消費量でいうとウイスキーの全盛期には足元にも及びません。

1982年が売り上げのピークだそうですが、その時の売り上げは凄まじいもので、日本人の成人男性1人あたり6本を消費していたといわれるほどのもの。そのブームを牽引していたのがこのサントリー オールドで、ある種伝説のウイスキーです。

サントリー オールドサントリー スペシャルリザーブはずっと気になる存在でしたが、まだリザーブの方は飲んでいません。少し高いので、少し手が出しずらい。でもリザーブはこれでいいと思います。時代の流れと全く独立して存在しているかのような、孤高の佇まい。私にはまだ早い!

究極のこだわりをもつ サントリーオールド

ウイスキーを愛する多くの人々の舌で鍛えられ、磨かれてきた味わいは、かつてのオールドのキーモルトであったシェリー樽を強化することでさらにまろやかに。デザインは伝統を守りつつ、現代に通用する上質感・高級感を追求しました。

 

サントリー・オールド 味わい

さてサントリー オールド。注ぐとウイスキー独特の濃いクホッとした香が立ち込めます。味わいは深く、濃い甘さを感じます。といってもフェイマスグラウスのうようなカラメルの甘さとはまた別のもの。どちらかというとバニラに近い味わい。

どこか懐かしい感じのするこのウイスキーは、とても穏やかでやさしい味わいです。さあ、飲むぞ!チビリ。うーん、来た来たー!という感じで飲むものではありません。体も胃も疲れがちな時に、ゆっくりとリラックスして飲むというのが、サントリー オールドを味わう時の正しい作法のような気がします。

そんな時は飲まなければいいじゃないか、と思えないのが酒飲みの性。これは全部ストレートのちょい水足しで頂きましたが、水割りはもしかしたら、あまり合わないかもしれません。

まとめ

1950年、「実に高価なウイスキー」として誕生、長年サントリーウイスキー部門を牽引してきた、超ロングセラー商品。好みは様々ですが、一度くらいは飲んでおきたいウイスキーです。

PR

-ジャパニーズ ウイスキー, ブレンデッド ウイスキー

あなたにおすすめの記事

カティサーク ブレンデッド スコッチウイスキー

村上春樹の小説でもお馴染の有名すぎるブレンデッド・ウイスキー「カティサーク」のレビューです。あっさりしている言われていますが、実際のところどうでしょうか?

知多
知多 グレーンウイスキー

11年ぶりにサントリーから新ブランド「知多」が誕生。 「軽やかな風」をイメージしたグレーン原酒でつくられたウイスキーでほのかな甘さとなめらかな味わいが特長とのこと。なめらかで心地よい余韻は、素材の旨みを活かした日本食との相性が抜群とあります。

ブラックニッカ ディープブレンド

レモンサワーを飲みながらウイスキーブログを書く不良のともぞうです。という訳でブラックニッカ ディープブレンドのレビューです。

竹鶴 ピュアモルト

竹鶴12年と入れ替わる形で発売を開始した「竹鶴ピュアモルト」のレビューです。竹鶴12年との違いも。

カナディアンクラブ 6年 実飲レビュー

カナダを代表するウイスキー「カナディアンクラブ 6年」のレビューです。カクテルのベースに用いられることが多いこのウイスキーですが、単体で味わいレビューします。

ニッカ G&G 実飲レビュー

ニッカ G&Gです。 以前は店頭では見かけなかったのですが、例のドラマの後取り扱いを開始されるという奥ゆかしいウイスキー。値段はや○やで¥1,900円ほどでした。

王者の貫録 ジョニーウォーカー レッドラベル(ジョニ 赤)

「ジョニ赤」の愛称で親しまれているウイスキー界の王者、「ジョニーウォーカー レッドラベル」のレビューです。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。