シングルモルト ジャパニーズ ウイスキー

宮城峡ノンエイジ

シングルモルト 宮城峡です。

シングルモルト 宮城峡 [ ウイスキー 日本 700ml ]

言わずと知れた、ニッカの2つの蒸溜所のうちの一つの名を冠したひと品。

シングルモルト 余市が力強いスモーキーな味わいであるのに対して、宮城峡は少しライトでフルーティ、やや酸味のある印象です。

宮城峡 軽快なウイスキー

香りを嗅ぐと、まずリンゴの香りがします。
さらにアルコールのピリっとした感じは少しあります。

この辺はこの価格帯ではいかんともしがたいですね。まあ開封したてなので、後はどんな展開を見せてくれるのか。

後味は酸味があります。竹鶴12年の後味で感じる酸味は、宮城峡由来のものと納得です。

さっきも書きましたが、香りはグレンフィディックに通じるものがありますが、グレンフィディックが重厚な深い味わいであるのに対して、こちらは軽快でキレのある味わいです。まあこればかりは好みの問題ですね、価格差もありますし。

なぜここで、唐突にグレンフィディックを持ち出したかというと、グレンフィディックを検索した人がこのブログにたどり着くかも知れないという下心あってのことです。

グレンフィディック 12年

宮城峡 まとめ

この宮城峡は、まだまだ若い感じがします。これが10年、12年ものになるとどんな味になるというのか。熟成を重ねるほど美味しくなるであろうポテンシャルを感じます。しかし10年もので4000円台は庶民には少し高い…。

竹鶴12年は2000円なのに、何故!?単純に仕込む数が少ないのか、貴重な熟成樽を使っているのか…知ってる方がいたら教えて下さい。

PR

-シングルモルト, ジャパニーズ ウイスキー

あなたにおすすめの記事

ニッカの魂 余市10年

ニッカの原点「余市」の10年ものをレビューします。 ドラマのエピソードにもありましたが、本物のウイスキーに拘った竹鶴氏。今でも余市では炭火で蒸留しているとか。 ウイスキー造りに対する真摯さが表れる一本。

ニッカ フロム・ザ・バレル 本格派の味わい

マッサン効果で爆売れしたニッカの本格派ブレンデッド・ウイスキー「ニッカ フロム ザ バレル」のレビューです。 ワールドウイスキーアワードに入賞した佳作です。

ブラックニッカ ブレンダーズスピリット

ブラックニッカ誕生60周年記念で数量限定で販売されるブラックニッカ ブレンダーズスピリットのレビューです。

ブラックニッカ ディープブレンド

レモンサワーを飲みながらウイスキーブログを書く不良のともぞうです。という訳でブラックニッカ ディープブレンドのレビューです。

プレミアム角瓶 その実力やいかに!?

サントリーの期待の新作、「プレミアム角瓶」のレビューです。

シングルモルトレビュー アベラワー 10年

ハイランド産のシングルモルト・ウイスキー「アベラワー10年」のレビューです。シェリー樽とバーボン樽により成熟香が豊かなウイスキーというキャッチコピーです。

Ballantine's barrel smooth
バランタイン バレルスムースはロックを楽しむときに最高

バランタイン バレルスムースです。 スコッチウイスキーの王道「バランタイン」から、バニラやキャラメルのような甘みとスムースな味わいが特長の「バランタイン バレルスムース」が新発売。この商品のためにブレ ...


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。