シングルモルト スコッチ

アイラ・ウイスキーの雄 ラフロイグ 10年

好きになるか嫌いになるか。
言わずと知れたアイラ・ウイスキーの雄、ラフロイグ 10年です。

アイラ・ウイスキーというのはスコットランドのアイラ島生まれのウイスキーで、その特異な土地柄が独特の味わいのウイスキーを産むことから、小さいながらウイスキーの一大産地になっています。

もっと詳しく

日本では同じアイラ・ウイスキーであるボウモアとならんで人気を2分しています。

これは去年12月にもらったものですが、一口飲んだだけで、今まで封印していました。何故なら、苦手な味だったから!これは、とにかくすごいです。一般的にピート臭といわれる煙の香と磯の香がこれでもか、という感じで主張してきます。その強烈すぎる香から、正露丸の匂いに例えられることもあります。ラフロイグを始めて飲んだら、こんな個性のウイスキーがあるなんて、と驚くこと請け合い。この強烈な個性ゆえ、好みがハッキリ分かれると言われています。

昨日はどういうわけか、封印していたラフロイグを開けようという気分になって、久しぶりに飲んでみました。まず、ストレートで軽く一杯。

ラフロイグ 10年 味わいは?

匂いは変化してませんでしたが、ウン?よく味わうと口当たりはなめらか、ストレートでもアルコールの、キー!とくる感じはありません。どちらかというと優しい感じの味わい。さらにまろやかな感じがします・・・

これはウマイ!!

う~ん、この変化は一体どうゆうことなのか。まさか開けてからしばらく経ったので、味が落ち着いたとでもいうのか。もしかして、ウイスキーの味が多少は分かるようになったのか。

まあそんなことはどうでもいいのですが、このウイスキーをおいしいと感じられるのは、嬉しい変化です。味が強烈で好みに合わないかも知れないので、飲んだことがない人は、ハーフボトルが手軽でいいかもしれません。

機会があればバーで飲むのもいいですね。またボウモア 12年の方が少し穏やかで、ラフロイグ 10年はシャープな印象。初めての人は、ボウモアの方がいいかも。ぜひ一度挑戦してみてください。

アイラ・ウイスキーに乾杯!

PR

-シングルモルト, スコッチ
-

あなたにおすすめの記事

シングルモルトレビュー アベラワー 10年

ハイランド産のシングルモルト・ウイスキー「アベラワー10年」のレビューです。シェリー樽とバーボン樽により成熟香が豊かなウイスキーというキャッチコピーです。

Amazon新生活セール対象のウイスキーまとめ

現在開催中のAmazon新生活セールで、セールの対象になっているウイスキーを多数発見。ただ、同じお酒でもサイズ違いのものも多数。700mlに換算しながらお買い得度をみていこうと思います。 目次1 スコ ...

hibiki japanese harmony
響 ジャパニーズ ハーモニー

今回は「響 ジャパニーズ・ハーモニー」をレビューします。 この「響 ジャパニーズ・ハーモニー」ですが、いうまでもなく、かの響の無印版。響の名前に恥じない味わいを期待。

バランタイン 12年 ブルー

「バランタイン ブルー 12年」のレビューです。最初の方はあまりありがたみがなかったのですが、 今では好きな一品です。

バランタイン ファイネスト 試飲レビュー

言わずと知れた名スコッチ「バランタイン ファイネスト」のレビューです。 昔は遥か雲の上の存在だったみたいです。

カリラ 12年 レビュー

スモーキーフレーバーが特色のアイラ産シングルモルト・ウイスキー「カリラ 12年」のレビューです。

シングルモルト マッカラン 12年の実飲レビュー

ハイランドモルトの雄、シングルモルト マッカランの実飲レビューです。シェリー樽熟成ウイスキー由来の香り漂う一本です。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。