アイラ・ウイスキーの雄 ラフロイグ 10年

アイラ・ウイスキーの雄 ラフロイグ 10年

言わずと知れたアイラ・ウイスキーの雄、ラフロイグ 10年です。

ラフロイグ 10年 40度 700ml[並行輸入品]

アイラ・ウイスキーというのはスコットランドのアイラ島生まれのウイスキーで、その特異な土地柄が独特の味わいのウイスキーを産むことから、小さいながらウイスキーの一大産地になっています。

日本では同じアイラ・ウイスキーであるボウモアとならんで人気を2分しています。

これは去年12月にもらったものですが、一口飲んだだけで、今まで封印していました。何故なら、苦手な味だったから!これは、とにかくすごいです。一般的にピート臭といわれる煙の香と磯の香がこれでもか、という感じで主張してきます。その強烈すぎる香から、正露丸の匂いに例えられることもあります。ラフロイグを始めて飲んだら、こんな個性のウイスキーがあるなんて、と驚くこと請け合い。この強烈な個性ゆえ、好みがハッキリ分かれると言われています。

昨日はどういうわけか、封印していたラフロイグを開けようという気分になって、久しぶりに飲んでみました。まず、ストレートで軽く一杯。

スポンサーリンク




ラフロイグ 10年 味わいは?

匂いは変化してませんでしたが、ウン?よく味わうと口当たりはなめらか、ストレートでもアルコールの、キー!とくる感じはありません。どちらかというと優しい感じの味わい。さらにまろやかな感じがします・・・

これはウマイ!!

う~ん、この変化は一体どうゆうことなのか。まさか開けてからしばらく経ったので、味が落ち着いたとでもいうのか。もしかして、ウイスキーの味が多少は分かるようになったのか。

まあそんなことはどうでもいいのですが、このウイスキーをおいしいと感じられるのは、嬉しい変化です。味が強烈で好みに合わないかも知れないので、飲んだことがない人は、ハーフボトルが手軽でいいかもしれません。

機会があればバーで飲むのもいいですね。またボウモア 12年の方が少し穏やかで、ラフロイグ 10年はシャープな印象。初めての人は、ボウモアの方がいいかも。ぜひ一度挑戦してみてください。

アイラ・ウイスキーに乾杯!