ジョニ黒を更にスモーキーにした「ジョニーウォーカー ダブルブラック」を実飲レビュー

2013年6月10日

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年通称「ジョニ黒」を更にスモーキーに仕立てたブレンデッドウイスキーの「ジョニーウォーカー ダブルブラック」を飲みました。

ダブルブラックとは

箱裏の説明によると、12年ものの「ジョニーウォーカー ブラック」をチャー製法(内側を直火で焦がした樽で熟成する製法。主にバーボンで使用される)でさらにリッチかつスモーキーに仕上げたものとのこと。

もっと詳しく

前置きはこれくらいにしていつものごとくストレートにチョイ水足しで味わいます。

ジョニーウォーカー ダブルブラック 味わいは?

香りはそんなにぐわっとこない、どちらかと言えば物静かな感じですが、完全にアイラの感じです。

それも結構強め。ラフロイグアードベッグでも入っているのでしょうか?

もっと詳しく

その味わいはオイリーで辛口(辛口という表現がウイスキーにあうかどうかは別にして)もしくは潮の味(スプリングバンク?)。

どっしりくる感じでそんなに複雑ではありません。

ただし味わいの系統はジョニ黒とも少し違います。こちらの方がアイラ色が強い分クセがあるとも言えます。

ブレンドッドウイスキーということですこしクセが調和され、シングルモルトのアイラよりは飲み易いと思います。

まあアイラは結構好き・嫌いが分かれており、好きな人は「アイラの香りが強ければ強いほど良い」という人がいるイメージなので、アイラ好きの人には物足りないかもしれません。

総括

アイラのシングルモルトよりは安いのでアイラ好きだが手持ちがどうしてもない、という時にはアリかも知れませんね。

【アマゾン説明】ジョニーウォーカーブラックラベルのスモーキーさ、豊かな香りとコクをより強く表現したブレンディング。スムースでありながら、深みのある豊かな香りと、コクのある甘さが際立った味わいが楽しめます。パッケージにはダブルブラックならではのスモーキーさを表現したグレー色のガラス瓶を採用しています。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。