ジョニーウォーカー ダブルブラック|初心者による初心者のためのウイスキーの話など

ジョニーウォーカー ダブルブラック

2013年6月10日
ジョニーウォーカー ダブルブラック

さて今回紹介するのはこれ、「ジョニーウォーカー ダブルブラック」です。

B008X6TB08

一見「ジョニーウォーカー ブラック 12年」通称「ジョニ黒」と似た感じですが、中身は別物。

さらに、ジョニーウォーカー ダブルブラックには、年数の記載がありません。ご存知の通り、年数を記載するには、例えば10年の場合、使っている原酒の全てが10年以上である必要がある、ということ。年数の記載がないのは、若い酒が入っているか、デザインの都合なのか、もしくは「ジョニーウォーカー ダブルブラック」に年数の記載など不要、という自信の故か、どちらかは分かりません。

前置きはこれくらいにして、いつものごとく、ストレートにチョイ水足しで味わいます。

スポンサーリンク

ジョニーウォーカー ダブルブラック 味わいは?

香りはそんなにぐわっとこない、どちらかと言えば物静かな感じですが、完全にアイラの感じです。それも結構強め。ラフロイグアードベッグでも入っているのでしょうか?

そしてその味わいは、オイリーで辛口(辛口という表現がウイスキーにあうかどうかは別にして)、もしくは潮の味(スプリングバンク?)、どっしりくる感じでそんなに複雑ではありません。

ただし、味わいの系統は少し違います。こちらの方が、アイラ色が強い分クセがあるとも言えます。ただ、ブレンドの分、すこしクセが調和されるので、シングルモルトのアイラよりは飲み易いと思います。

まあアイラは結構好き・嫌いが分かれており、好きな人はアイラの香が強ければ強い程、良いという人がいるイメージなので、アイラ好きの人には物足りないかもしれません。

総括

アイラのシングルモルトよりは安いので、アイラ好きだが手持ちがどうしてもない、という時にはアリかも知れませんね。

【アマゾン説明】ジョニーウォーカーブラックラベルのスモーキーさ、豊かな香りとコクをより強く表現したブレンディング。スムースでありながら、深みのある豊かな香りと、コクのある甘さが際立った味わいが楽しめます。パッケージにはダブルブラックならではのスモーキーさを表現したグレー色のガラス瓶を採用しています。


スポンサーリンク