スコッチ ブレンデッド ウイスキー

ジョニ黒を更にスモーキーにした「ジョニーウォーカー ダブルブラック」を実飲レビュー

今回は「ジョニーウォーカー ダブルブラック」を飲みました。

ダブルブラックとは

箱裏の説明によると、12年ものの「ジョニーウォーカー ブラック」をチャー製法(内側を直火で焦がした樽で熟成する製法。主にバーボンで使用される)でさらにリッチかつスモーキーに仕上げたものとのこと。

もっと詳しく

前置きはこれくらいにして、いつものごとく、ストレートにチョイ水足しで味わいます。

ジョニーウォーカー ダブルブラック 味わいは?

香りはそんなにぐわっとこない、どちらかと言えば物静かな感じですが、完全にアイラの感じです。それも結構強め。ラフロイグアードベッグでも入っているのでしょうか?

もっと詳しく

そして、その味わいは、オイリーで辛口(辛口という表現がウイスキーにあうかどうかは別にして)、もしくは潮の味(スプリングバンク?)、どっしりくる感じでそんなに複雑ではありません。

ただし、味わいの系統は少し違います。こちらの方が、アイラ色が強い分クセがあるとも言えます。ただ、ブレンドの分、すこしクセが調和されるので、シングルモルトのアイラよりは飲み易いと思います。

まあアイラは結構好き・嫌いが分かれており、好きな人はアイラの香が強ければ強い程、良いという人がいるイメージなので、アイラ好きの人には物足りないかもしれません。

総括

アイラのシングルモルトよりは安いので、アイラ好きだが手持ちがどうしてもない、という時にはアリかも知れませんね。

【アマゾン説明】ジョニーウォーカーブラックラベルのスモーキーさ、豊かな香りとコクをより強く表現したブレンディング。スムースでありながら、深みのある豊かな香りと、コクのある甘さが際立った味わいが楽しめます。パッケージにはダブルブラックならではのスモーキーさを表現したグレー色のガラス瓶を採用しています。

PR

-スコッチ, ブレンデッド ウイスキー
-,

あなたにおすすめの記事

グレンマレイ クラシック

今日ご紹介するのはスペイサイドのシングルモルト、グレンマレイ クラシックです。シングルモルトウイスキーの中では最安値に入る部類のウイスキーです。

【アイラの奇跡】 ラガヴーリン 16年

アイラ島の気候が産みだす奇跡のウイスキー、「ラガヴーリン 16年」のレビューです。アイラウイスキーについても説明します。

スコッチウイスキー クレイモア

スコッチ クレイモア。キーモルトはスペイサイド・ウイスキーの異端児、クラガンモア。かなり個性的なウイスキーで一般受けはしないが不動のファンがいるとのことです。

ホワイトホース、ハイボールで

ウイスキーは「ブラックニッカ リッチブレンド」を買いがちですが、ハイボールにするなら、ちょいと安めのものということでホワイトホースを買うことに。ハイボールにしたときの感想です。

キリン ボストンクラブ

キリンウイスキーの力作「ボストンクラブ 淡麗原酒」のレビューです。

【救済企画】不人気記事ランキング

このブログでとにかく人気のない記事をランキングにするという画期的な企画です。一見、自ら生み出した記事を公開処刑するという鬼畜のような所業に見えますが、陽の目を見ない記事を救済する機会を与えるという仏のような心から生まれた企画でもあります。
それでは早速行ってみましょう。今回のランキングは5位までとなっています。

【アイラのいぶし銀】ブナハーブン 12年

アイラ島のシングルモルトウイスキー「ブナハーブン 12年」のレビューです。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。