王者の貫録 「ジョニーウォーカー レッドラベル」レビュー

2013年2月20日

ブレンデッドウイスキーの「ジョニーウォーカー レッドラベル」です。通称「ジョニ赤」。

言わずもがなの佳酒、ブレンデッド・ウイスキー界の王者と言っても過言ではない知名度を誇るこのお酒。ウイスキーに全く興味がない人でも名前くらい聞いたことがあるのではないでしょうか?しかしそもそもウイスキーに興味がない人が、このブログにたどり着く確率は、間違いなくゼロです。従って、このクダリには何の意味もありません。

少し前に「バランタイン・ファイネスト」を飲んでいたのですが、正月の暴飲暴食で胃が疲れていた私はすこし穏やかなウイスキーを探していました。それなら飲まなければいいじゃないか、と思えないのが酒飲みの悲しき性。

もっと詳しく

以前、似たような状況でカティサークを選んだのですがイマイチ好みではなかったので、比較的穏やかな印象があったジョニ赤が無性に気になって買ってみることに。

もっと詳しく

バランタイン・ファイネストティーチャーズデュワーズなどのウイスキーと比べると少し割高の価格設計。うーん、強気だ。

さて味わいの程や如何に。

ジョニーウォーカー レッド 味わい

一言でいうと値段の割にイケるのですが、どう旨いのかと言われると説明が難しいところ。

穏やかすぎず、かといってトガリ過ぎず。

軽いわけではないが重くもない。

かすかなスモーキーさもありますが、ほのかな甘みもあります。

全体的に穏やかな中に、ほんのわずかにスモーキーな味わいを感じることが出来る、そんな感じです。

全体的に非常にバランスがよく飲み易い。ものすごく上手くまとまっているという印象で完成度が高いです。

地味だけど安定感は抜群。その安定感は日本代表・今野の如し。クセは全くないわけではないですが微弱なものです。

ジョニーウォーカー レッド まとめ

ティチャーズよりクセがあるが、バランタインファイネストほどクセがない。そんな感じです。

ストレートにちょい水足しの飲み方もOKですが、やはりアルコールの感じは否めないのでロックや水割りもオススメです。

まあ旨いものを飲んだあとにこれを飲むと、少し軽さや荒っぽいところが気になったりするのですが、それはこのクラスのウイスキーならば致し方のないこと。ブレンデッドウイスキーが好きな人なら飲んで損はないと思います。

最後にこのボトルデザインは中々好きです。なにせ「ラベルをナナメに貼る」という発想がすごい。さらにそれが違和感なく受け入れられているのがもっとすごい。

寸評:一度は飲むべきスタンダード。
オススメ度:

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。