世界売上No.1の「ジムビーム ホワイトラベル」を飲んだ感想

2017年5月30日

ベストセラーの「ジムビーム ホワイトラベル」を試してみました。

ちなみにジンビームとも呼ばれがちですが正式名称はジムビーム。

ジムビーム ホワイトラベルを選んだ理由はローラのCMでなぜか美味そうに見えたからというもの。

普段はバーボンはあまり自分で選ぶことはなく、スコッチ・ジャパニーズを選ぶのですが、なぜかこのとき急にバーボンが心に来ました。急(Q)にバーボン(B)が来た(K)、つまりQBKの完成です。

ジムビーム ホワイトラベル 香りと味わい

バーボンといえばバナナのごとし濃厚な香りが特徴ですがジムビーム ホワイトラベルをビンの口から香ったところ、バナナというよりは洋梨、プラム、時々桃、あるいはピーチの香り。

バーボンっぽさは控えめで、爽やかで酸味のある味を予感させます。

グラスに注いだならば、香りはアルコール感と軽ろやかなウイスキーの香りと共にややヨードっぽい感じも。

ジムビーム ストレートで

早速ストレートで飲むと結構な刺激。ビリリと喉を焦がしてきます。この辺りはさすがバーボン。安価な部類にはいるジムビーム ホワイトラベルですが、意外とボディがしっかりしていて、後味はやや苦味を伴った味わいです。

味わいそのものは何とも形容しがたい。そんなに「バーボン!」という感じはなく、バーボンというよりやや塩っぽさを伴ったスコッチの味の中にかすかにバーボンが香る、といった趣です。

ジムビーム 少し加水して

そんなジムビーム ホワイトラベルの味を見極めるべく、少し加水してトライ・アゲン。

味わいがグッとまろやかになり、飲みやすくなったものの、やはり塩っぽい。

私の記憶が錯乱しているとすれば、ややアイラウイスキーのフレーバーを持つ、不思議なバーボン。

よくよく味わうとやっぱりバーボンかなと思ったり、チョコレートっぽい甘みの後味を感じたり。なかなか面白いバーボンです。

ジムビーム ホワイトラベル を飲んでみて

バーボンですがバーボンらしさを追求したという感じは受けず。

また、そうであるがゆえ「バーボンはちょっと」という人にも比較的受け入れられやすいのではないかという感じはします。

クオリティは高く、バランスのとれたライトバーボンという趣。

バーボン試してみようかな、という人にはブッカーズメーカーズマークがおすすめですが、ある程度バーボンを飲みなれた人が飲むとまた違った楽しみ方があるかも知れません。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。