スコッチ ブレンデッド ウイスキー

インバーハウス~本格派のブレンデッド・スコッチ・ウイスキー

2021年12月22日

以前から気になっていたスコッチ「インバーハウス」を飲んでみました。ストレート、ロック、ハイボールで飲んだ感想を記します。結論から言うと、レベルが高くておいしいです。

なお、キーモルトはスペイバーン、ノックドゥー、オールドプルトニー、バルブレアと個性的なメンツとなっています。

第一印象

色を確かめると、ボトルの色に反して色は薄めです。香りを確かめるとまず感じるのが磯っぽい香り。

ストレートで味わってみると、穏やかでモルティ、そしてピーティ。ストレートでもあまり刺激がこない、穏やかな味わいです。

雰囲気的にはブルイックラディ。あるいはボウモアが近いかもしれません。
ジャパニーズでいうと「サントリー OLD」のような雰囲気です。

ヨードっぽさ、塩っぽさが強めで、非常にスコッチらしいスコッチです。

少し加水

少し加水すると微妙に華やかさが増しますが、基本的な味わいは同じ。
多めに加水すると塩っぽさが立つ味わいとなりました。

次にロック

ロックにすると華やかさがぐっと増しつつも、塩っぽい感じとヨードポイ感じが健在。あくまでこの味わいにこだわった一本となっています。

ハイボール

レモン味の炭酸水はイマイチ。なんだか水っぽい味わいになってしまいました。インバーハウスはロックか、ストレートでちびちび飲むのが正解かもしれません。

まとめ

安価な割には本格派のスコッチで少し驚き。人工的なアルコール感もなく、レベルは非常に高い。後は口に合うか合わないかの問題だけです。ウイスキーを飲みなれている人も一度試してみる価値のあるウイスキーだと思います。すごいぞ、インバーハウス!

関連記事

サイト内検索

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

あなたにおすすめの記事

-スコッチ, ブレンデッド ウイスキー