ホッピー・ミーツ・ウイスキー

ホッピー・ミーツ・ウイスキー

夢は左ピッチャーになることです。

ところでホッピーをご存知でしょうか?焼酎で割って飲むアレです。プリン体0、100ml当たり11kcalという点が、不摂生だけど、ビールは辞めたくない人たち(主に私達おじさん)の心にジャストミート。同じ麦なら、ウイスキーと合わないこともないんじゃないか、というわけでホッピーを買ってブラックニッカ クリアで割ってみました。ホッピー ウイスキー割りといったところ。

hoppy and black nikka clear.jpg

スポンサーリンク




ホッピーとブラックニッカ クリア

ブラックニッカ クリアを採用した最大の理由は手元にあったから。今、手元にはメーカーズマークもありますが、味わい的にこっちの方がいいかと。

割る前にホッピーそのものを味わってみると、見た目は色の薄いビール、味わいは気の抜けたビールという感じです。アルコールが0.8%ということですが、ノンアルコールビールともまた違った味わいです。

次にブラックニッカ クリアを入れ申す!いろいろ比率を試しましたが、ウイスキー少なめが吉。クリアを入れすぎると、その味わいが大部分となり、ちょっときつい。また、少しエグみが気になります。

ブラックニッカ クリアを少なめに入れますと、ブラックニッカ クリアの味わいはほとんど無く、ややアルコール感が増し、キレがすごいビール、といった風合いに。コクは感じませんでした。ただでさえ薄めのアメリカビールの更に薄め、バド・ライトなどを彷彿とさせます。泡立ちがいいので、海外のパブで飲むペールエールビールが如し。ブラインドテイスティングでペールエールですよ、と言えばバレない可能性も微レ存。

ホッピーをウイスキーで割ってみて

ブラックニッカ クリアは味わいが強めなので、合う・合わないの評価は難しい。あっさり目のデュワーズなどもしかしたら合うかも知れません。また、邪道ですがアイラモルトで割ると意外と面白いかも知れませんね。

[amazon_link asins=’B00Z5ZH2PG,B005VB4IGA’ template=’ProductGridKai’ store=’emera3500-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e9888bce-ff03-4cd4-9012-7b8e96b671cf’]