ウイスキーのハイボールにはデカめのグラスをおすすめする理由

ウイスキーのハイボールにはデカめのグラスをおすすめする理由

おフランス語を習得しようと試みているともぞうです。最近、ジントニックハイボールをよく飲むのですが、今まで使っていたワイングラスやビールグラスでなく、ハイボール用にデカい「タンブラー」を買ってみました。これが思いのほかよかったので、ご紹介します。

スポンサーリンク




ハイボールにはタンブラー

今までは、ハイボール用のグラスはなく、適当にグラスを選んでいました。底の部分がすぼまったビア・グラスや、でかいワイングラスを使っていたのですが、何となくいい感じのタンブラーをヨークベニ○で発見したので買ってみました。ちなみに、タンブラーとは寸胴のグラスを指します。

結構大ぶりですが、ハイボールに使う氷も大きい方がドリンクが薄まらないので、大きな氷が入れられる大きめのタンブラー・グラスがオススメです。

何故タンブラーが良いかと申しますと、最初に注ぐウイツキー(ないしはジン)の量と、その後に注ぐ割り材(炭酸水やトニックウォーター)との比率が分かりやすく、調整しやすいからです。

一方、ワイングラスは底が広く、比率が分かりづらい。ビアグラスは底が狭いので、比率が分かりづらい。まっすぐ寸胴のタンブラーなら、目分量でもウイスキーと炭酸水の比率を自在に調整可能です。

ハイボールをつくるときは、まずグラスを冷やしておきます。冷凍庫に入れておくのがいいですが、面倒な時は、氷水を入れて冷やしたのち、中身を捨てたらよろし。

ハイボールをつくるときのウイスキーの比率と注ぎ方について

ウイスキーと割り材の比率はそれぞれ好みがあると思いますが、タンブラーに氷を入れてからウイスキーを注ぐ時、まず少なめにウイスキーを入れて、10秒ほど待ちます。これはウイスキーが氷を伝ってゆっくりと底に到達するため、目分量できっちり入れてしまうと、思ったよりウイスキーが多くなってしまうからです。

一度観察してみると良いと思いますが、氷を入れたタンブラーにウイスキーを注ぐと、まずグラスの底にウイスキー溜まり、数秒後、その水位がククっと上がります。これが時間差で到達するウイスキーです。その後、マドラーでかき混ぜてウイスキーを冷やし、その後そのマドラーに沿わせるようにゆっくりと割り材を注ぎ、お好みでライムやレモンを絞ると美味しいハイボールの完成です。

ハイボールに使っている道具

ついでに、ハイボールの時に使っている道具を紹介します。

アイスペール

ハイボールは氷を小さくしている分、氷が溶けるのはやむを得ず。そこでアイスペールに氷を用意しています。

蓋を閉めると溶けないか、といわれると、溶けます。が、ゆっくり溶ける感じにはなるので、効果はあるかなという感じ。

買ったものは思ったよりも大きく、嵩張るので、もう少し小さいものにしておけばよかったという気持ちになっています。飲みかけのシャンパンを冷やすのにも使える、という点ではいいかも知れません。アイストングも付属していてお得です。

マドラー

続いて「ドリンクをかき混ぜる棒」、マドラーです。

やはり、サイ箸では気分が出ないので、マドラーを用意。有名な柳宗理 マドラーを2本買いました。柄が長いので、背の高いグラスでも問題なし。やや太く長い方が、炭酸水などを注ぐときにやりやすいのでお勧めです。

マドラーの使い方ですが、ウイスキーを注ぐ前にグラスにマドラーを指しておきます。ウイスキーを注いだら、しばらく混ぜます。ウイスキーを冷やしたら、マドラーをツタらせる感じで炭酸水を注ぎます。勢いよく注いだり、混ぜたりすると炭酸水のガスが抜けるので、ゆっくりと注ぎ、注ぎ終えたらマドラーをすっと上に抜くだけでOK。冷やした炭酸水を入れると、ウイスキーが上に浮き上がってくるので、これだけでよいのです。

珪藻土コースター

最後は、私が激推ししている、珪藻土コースター

やはりハイボールなので、グラスが濡れます。珪藻土コースターなら水滴を吸ってくれるので、コースターがグラスに付くというストレスから魂が解放されます。汝ら神の子よ、目覚めよ(おはよう)。

珪藻土コースターのお手入れ方法

珪藻土コースターは水滴を吸うので、使っているうちに、どうしても黒ずんだりシミになったりします。そんなときは紙やすりでこすると、元通り、驚きの白さになります。

紙やすりはホームセンターにいくと手に入ります。紙やすりの番手は、数字が小さいほど荒く、大きいほど細かい。1000番手と320番手を試したのですが、320番でも傷つくことなくキレイになりました。1000番手は時間がかかるので、320番が宜しいです。おすすめはこれです。

紙やすりは、小分けにしてクリップや輪ゴムでまとめておくと便利なのですが、はさみで切ると刃が痛むので、100均のはさみや、カッターでナイフで裏を切るといいです。ただ、あまりにも黒ずんで、カビだらけになってしまった時は、紙やすりだけでは無理です。

そんな時は、「泡ハイター」が効果的。泡ハイターをかけてしばらく放置したのち、やすりやスポンジでこすり、汚れを落とします。その後はよく水洗いし(水につけておくのも○)、日陰でよく乾かしておきます。水洗いが甘いと「泡ハイター」の匂いがしばらく残ってしまいます。そのうち消えますけど。

まとめ

最後に、割り材についてですが、一口に炭酸水といっても、現在は多種多様なものが販売されているザンス。レモン味の炭酸を割ってハイボールにするもよし、トニックウォーターで割ってみるもよし。あと、ライムやレモンの他、スダチや柚子を絞ってみると、新たな扉が開くかもしれませんね(適当)。