スコッチ ブレンデッド ウイスキー

デュワーズ ホワイトラベル

ブレンデッドスコッチのデュワーズ ホワイトラベルです。

アメリカでウイスキーといえばコレ!なんだそうです。

デュワーズ ホワイトラベル 印象

デュワーズ ホワイトラベルの第一印象はクセがなく、割りと味がしっかりしていて、飲み口はキレがある、というような感じだったと思います。また、味の複雑さはあまりないですが、甘みはそこそこあったと思います。ただ、私の好きなバニラな感じはなかったような。麦の素朴な味をしっかり感じる、そんなウイスキーです。

よくスパイシーでマイルド、と形容されますが、マイルドさは確かに感じました。スパイシーというのは正直よくわからなかったです。

デュワーズ ホワイトラベル 総括

ウイスキーのスタンダードとして名高いバランタイン ファイネストとの比較ですが、クセが少ない印象のデュワーズ ホワイトラベル

もっと詳しく

当時はストレートで飲んでいましたが、これもどんな飲み方をしても受け入れてくれそうな感じがあります。クセがないというのは特徴がないという風に考えられるかも知れませんが、変な雑味がなく、ストレートなうまさがあるというのは一つの長所と考えることも出来ます。

これは誰が飲んでもそこそこ楽しめるのではないでしょうか?とりあえずスコッチ入門として、ウイスキー初心者の同志におすすめするものとしては、なかなかいいものだと思います。

寸評:ライトなものを飲みたいときはおすすめ。

PR

-スコッチ, ブレンデッド ウイスキー

あなたにおすすめの記事

anCnoc(アンノック) 12年

ハイランド・シングルモルトの佳酒、anCnoc(アンノック)12年のガチレビューです。

ブラックニッカ クリア レビュー

髭おじさんでお馴染の「ブラックニッカ クリア」のレビューです。価格にして800円を切るすごいウイスキーです。

【アイラのいぶし銀】ブナハーブン 12年

アイラ島のシングルモルトウイスキー「ブナハーブン 12年」のレビューです。

富士山麓 水割りで

キリン 富士山麓を水割りで飲むワイルド回です。 ストレートやロックではあまり楽しめなかったウイスキーは、放置することが多かったのですが、水割りの良さを知ってからはそれらのウイスキーが息を吹き返しました。この富士山麓もそんな一つ。そして気軽に飲めるところがイイ。

ニッカ オールモルト

ニッカ「オールモルト」のレビューです。 グレーンウイスキーは、普通穀物やトウモロコシなどを使うところなのですが、そこに敢えて麦を使って作ったという、挑戦的な意欲作。その味わいや如何に!?

バランタイン ファイネストをロックで

ウイスキー定番中の定番「バランタイン ファイネスト」をロックで飲んでレビューします。

hibiki japanese harmony
響 ジャパニーズ ハーモニー

今回は「響 ジャパニーズ・ハーモニー」をレビューします。 この「響 ジャパニーズ・ハーモニー」ですが、いうまでもなく、かの響の無印版。響の名前に恥じない味わいを期待。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。