シングルモルト スコッチ

カリラ 12年 レビュー

スモーキーフレーバーが特色のアイラウイスキーの1つ、カリラ 12年です。

アイラウイスキーはボウモアとラフロイグ 10年しか経験がなかったので、ありがたく頂きました。

もっと詳しく

メーカーによると

参考

フレッシュで甘くフルーティ、スムーズなボディのカリラ12年は、淡い麦わらの色とデリケートなバランスの味わいを持ちます。クリーンで食欲をそそる香りの中にかすかな柑橘系のフルーツとほんの一筋のスモークが包まれています。しっかりとしてスムーズ、始めは甘く、その後にフレグラントで甘いスモーキーさと長く尾を引くフィニッシュが続きます。カリラとはゲール語で「アイラ海峡」。アイラ島とジュラ島を隔てる海峡で、その周辺はスコットランド西岸において、最も風光明媚な地域です。この奥まった入り江に建つカリラ蒸留所は近年、非常に人気が出ている注目の蒸留所です。

とのことです。

カリラ 12年 味わい

早速一口飲んだならば、確かに味はアイラウイスキーなのですが、飲み口が結構違うことは意外な発見です。

カリラの飲みくちは少し軽めで、華やかな感じがした気がします。ズシっとしたアイラ独特の香りが来るというより、フワっと香るアイラ、そんな感じです。スモーキーさを残しつつライトな味わい。アイラの中では一番飲みやすい方ではないでしょうか?

そしてウマニティ。

そして奇跡のウイスキーラガヴーリン 16年に通じる味わいがありますね。

もっと詳しく

ただ、ラガヴーリンよりは飲みやすいと思いますので、これはついつい飲み過ぎてしまう危険性を孕んだ危険物です。アイラに興味がある人には薦めたい一杯です。

寸評:アイラを試したい人はぜひ。

PR

-シングルモルト, スコッチ
-

あなたにおすすめの記事

知多
知多 グレーンウイスキー

11年ぶりにサントリーから新ブランド「知多」が誕生。 「軽やかな風」をイメージしたグレーン原酒でつくられたウイスキーでほのかな甘さとなめらかな味わいが特長とのこと。なめらかで心地よい余韻は、素材の旨みを活かした日本食との相性が抜群とあります。

スコッチウイスキー クレイモア

スコッチ クレイモア。キーモルトはスペイサイド・ウイスキーの異端児、クラガンモア。かなり個性的なウイスキーで一般受けはしないが不動のファンがいるとのことです。

グレンマレイ クラシック

今日ご紹介するのはスペイサイドのシングルモルト、グレンマレイ クラシックです。シングルモルトウイスキーの中では最安値に入る部類のウイスキーです。

王者の貫録 ジョニーウォーカー レッドラベル(ジョニ 赤)

「ジョニ赤」の愛称で親しまれているウイスキー界の王者、「ジョニーウォーカー レッドラベル」のレビューです。

【救済企画】不人気記事ランキング

このブログでとにかく人気のない記事をランキングにするという画期的な企画です。一見、自ら生み出した記事を公開処刑するという鬼畜のような所業に見えますが、陽の目を見ない記事を救済する機会を与えるという仏のような心から生まれた企画でもあります。
それでは早速行ってみましょう。今回のランキングは5位までとなっています。

バランタイン ハードファイヤードを実飲レビュー

バランタイン ハードファイヤードは熟成に使う樽を、アルコールが少し残った状態で火を入れることにより、バニラの香りとかすかなスモークっぽさを生むそうです。

デュワーズ ホワイトラベル

アメリカで圧倒的人気を誇るブレンデッドスコッチウイスキー「デュワーズ ホワイト」のレビューです。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。