ジャパニーズ ウイスキー ブレンデッド ウイスキー

キリン ボストンクラブ

今年一発目は、ボストンクラブ 淡麗原酒です。

云わずと知れたキリンの力作ボストンクラブ。気になってずっと探していたのですが、や○やではもう扱っていない様子。そんなある日、スーパーで見つけて即購入。確か¥880でした。

しかし実際の内容量は64cl(センチリットル)なので、700mlに換算すると960円ほどです。ネガティブキャンペーンは置いといて、早速頂く。

ボストンクラブ レビュー

まろやかな口当たりとしっかりしたピート臭を謳っていますが、味わいは単刀直入に言うとロバートブラウンの廉価版といった趣です。両者に共通するのはバーボンの香りです。

もっと詳しく

ただロバートブラウンであまり感じなかったアルコールの香がボストンクラブには少しあります。ロバートブラウンに比べて荒削りな感じ。このあたりは価格相応と思います。

その違いはジャックダニエルI.W.ハーパーの如し。

ホームページを覗いてみると、180リットルという小ぶりな樽で熟成しているそうです。小ぶりな樽を使用することにより、原酒小単位当たりの樽接地表面積が増え、この特徴的な味わいになるとのこと。

ボストンクラブ 総括

さてサントリー、ニッカはスコッチを意識していると勝手に思っていますが、キリンはバーボンを意識しているのでしょうか?

この辺りはなんとも判断できませんが、バーボンが好きな人なら1000円でいいバーボンが売っているので、敢えてボストンクラブを選ぶ理由は薄い気がします。みなさんの感想はいかがでしょうか?

PR

-ジャパニーズ ウイスキー, ブレンデッド ウイスキー
-

あなたにおすすめの記事

デュワーズ ホワイトラベル

アメリカで圧倒的人気を誇るブレンデッドスコッチウイスキー「デュワーズ ホワイト」のレビューです。

バランタイン 12年 ブルー

「バランタイン ブルー 12年」のレビューです。最初の方はあまりありがたみがなかったのですが、 今では好きな一品です。

ブラックニッカ クリア レビュー

髭おじさんでお馴染の「ブラックニッカ クリア」のレビューです。価格にして800円を切るすごいウイスキーです。

サントリー オールド レビュー

通称だるまの愛称で親しまれているウイスキー、「サントリーオールド」のレビューです。 意外かも知れませんが、国産ウイスキーで一番売れたウイスキーでもあります。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 【ジョニ 黒】を飲んでみた

「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」、通称「ジョニ黒」のレビューです。昔は高級ウイスキーの代名詞であったと聞きます。今回はちょい水足し、ロック、ハイボールで試しています。

スコッチウイスキー クレイモア

スコッチ クレイモア。キーモルトはスペイサイド・ウイスキーの異端児、クラガンモア。かなり個性的なウイスキーで一般受けはしないが不動のファンがいるとのことです。

カナディアンクラブ 6年 実飲レビュー

カナダを代表するウイスキー「カナディアンクラブ 6年」のレビューです。カクテルのベースに用いられることが多いこのウイスキーですが、単体で味わいレビューします。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。