スコッチ ブレンデッド ウイスキー

バランタイン ファイネストをロックで

世界的ベストセラー、定番中の定番バランタイン ファイネストです。

安いときだと、¥1,000を切るこのウイスキー。これも5本目くらいで、竹鶴12年と並ぶ、ベビーローテーションぶりです。この味わいの深さ・複雑さが特徴的なウイスキーは、かすかにスモーキーさもあり、まさにウイスキー!といった感じです。今までは、ストレートで味わうことが多かったのですが、暑い季節はロックもありか、ということで試してみました。

もっと詳しく

バランタイン ファイネスト オン・ザ・ロック

ロックにすると、そのトロリとした強い甘味とバナナのような香りが引き立ってきます。後味は結構な辛口、かすかにスモーキーな感じも。ちなみに、このウイスキーにはラフロイグ 10年が少し使われているので、このスモーキーさが出るようです。そこで、これにラフロイグを1滴垂らしてみるのも、また一興。

もっと詳しく

なるべく安くておいしいウイスキーを求め、¥1,000代のものはデュワーズ ホワイトラベルカティサークホワイトホース、フェイマスグラウスなど、まだ試した種類は少ないですが、今のところ好みでいうとバランタイン ファイネストです。が一番かな、という感じがします。

この独特の味わいが、時々無償に恋しくなります。味が複雑というか、飲むたびに新たな一面を発見出来る様な感じが、このウイスキーの魅力かもしれません。

ちなみに、ヨーロッパで飲まれるウイスキーのうち、三分の一はバランタイン ファイネストとのこと。まさにスコッチのスタンダード。ブレンデッドの例にもれず、バランタイン ファイネストも40種類以上のウイスキーを使用しているという。信じられない技術です。

その技術で味と価格のバランスをとる、ブレンデッド・ウイスキー。その奥深さを知るには、もってこいの逸品です。

ちなみに昔(戦後まもなく?)、バランタインと言えば超高級酒の代名詞で、高嶺の花だったとか。これが¥1,000で買える現代はなんだかんだ言ってもいい時代だと思います。

¥1,000代のスコッチはだロングジョン・ティーチャーズ ハイランドクリーム・インヴァー・ハウスなどを順次試していく予定ですが、今のところこのバランタイン ファイネストです。が暫定1位です(¥1000~のスコッチという範疇では)。

ちなみに皆さんご存知のとおりバランタイン 17年は「ザ・スコッチ」の異名を持つ佳酒。いつか飲んでみたいものです。

総括:スタンダードとして知っておくべき味わい。
オススメ度:

PR

-スコッチ, ブレンデッド ウイスキー
-

あなたにおすすめの記事

王者の貫録 ジョニーウォーカー レッドラベル(ジョニ 赤)

「ジョニ赤」の愛称で親しまれているウイスキー界の王者、「ジョニーウォーカー レッドラベル」のレビューです。

ブラックニッカ リッチブレンド

「ブラックニッカ リッチブレンド」の実飲レビューです。

アイラ・ウイスキーの雄 ラフロイグ 10年

独特の香りがクセになる、好きな人にはたまらないアイラ島生まれのシングルモルト・ウイスキー「ラフロイグ 10年」のレビューです。

バランタイン ファイネスト 試飲レビュー

言わずと知れた名スコッチ「バランタイン ファイネスト」のレビューです。 昔は遥か雲の上の存在だったみたいです。

ブラックニッカ クリア レビュー

髭おじさんでお馴染の「ブラックニッカ クリア」のレビューです。価格にして800円を切るすごいウイスキーです。

ブラックニッカ ブレンダーズスピリット

ブラックニッカ誕生60周年記念で数量限定で販売されるブラックニッカ ブレンダーズスピリットのレビューです。

ホワイトホース、ハイボールで

ウイスキーは「ブラックニッカ リッチブレンド」を買いがちですが、ハイボールにするなら、ちょいと安めのものということでホワイトホースを買うことに。ハイボールにしたときの感想です。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。