哀愁のブラックニッカ スペシャル

哀愁のブラックニッカ スペシャル

ともぞうです。Who are you?今回は今年最後を飾るに相応しいウイスキー、ブラックニッカスペシャルです。

B003DU05FO

現存するブラックニッカ シリーズ(ブラックニッカ8年ブラックニッカ リッチブレンドブラックニッカ クリア)の祖、ブラックニッカ初号の正統後継者たる、ブラックニッカスペシャル。(詳しくはホームページ等で熟知されたし)

ブラックニッカ クリアの販売攻勢と、ブラックニッカ リッチブレンドの爆誕により、ますます肩身が狭くなっている感の漂う、哀愁のウイスキーです。

また、ラベルは真っ黒で、中が何も見えないという無骨さが、独特の存在感を漂わせています。

いつも通り、ラベルから読み取られる情報は極めて少ない。たった一行、「伝統的な飲み応えのある味わい」とあります。もうちょっと販売に力を入れてあげたら、と思わなくもないですが、これぞニッカですね(褒め言葉)。

スポンサーリンク

ブラックニッカ スペシャル 印象

まず注ぎ口に鼻を近づけると、アーモンドの甘い香り。

次にかるく呼吸を整え、5デシリットル程口に含んだウイスキーを勢い良く噴射し、ミスト状 in the(ジ) air にして香りを確かめます。すると、意外と華やかで、熟成された感のある懐かしい感じの中に、かすかにヨードや磯の香りがします。香り高いというわけではありませんが、りんごを思わせる香り。

ブラックニッカ スペシャル 味わい

真っ黒なボトルから、ヘビィボディの渋いウイスキーの感じを勝手に予想していたのですが、そこまでヘヴィという感じでもありませんでした。ミディアムといった感じ。

味の方はまろやかで、甘みが強い感じがします。はじめに来る塩っぽさから甘さへの変化を楽しむ。

ストレートで飲んでもそんなにビリビリくる感じはありません。もう少しズシっ、とした感じを想像していただけにやや意外。

飲み方ですが、ストレートは勿論のこと、ロックも意外といけます。ロックにするとピーティさが弱まり、甘みのたったウイスキーへと早変わり。

ハイニッカと飲み比べ

手元にハイニッカが少し残っていたので飲み比べてみます。やはりブラックニッカスペシャルを飲んだあとではハイニッカの粗さが目につくといった結果に。

ハイニッカのアルコールの感じと、ブラックニッカスペシャルの豊かな味わいが際立つ。ハイニッカ単体は素晴らしいんですけどね。

ブラックニッカ スペシャルとリッチブレンド

次に、ブラックニッカスペシャルリッチブレンドと飲み比べをしたかったのですが、あいにく切らしていたので、手元にあったポカリスエットで代用します。

まず、ポカリスエットの色ですが、白いですね。ブラックニッカスペシャルとのビンの色と見事なコントラストになっているのは、ニッカの狙い通りなのでしょうか。香りを確かめると、わずかにグレープフルーツのフルーティな香り。

飲んでみると、ピーティな感じは全くなく、アルコールのヒリヒリした感じはありません。まあこの辺りはブラックニッカ リッチブレンドとポカリスエットも比較してみないと何とも言えませんね。

ブラックニッカ スペシャル 総括

コスパという観点では妥当という感じです。ブラックニッカ シリーズの中では最もピーティな香りを持つ、ある意味でスコッチの基本に忠実な作りとなっている一本です。

今まで飲んだ中ではブナハーブンなんかに近いかも知れません。

いずれにせよ、他のブラックニッカ シリーズとは味の方向性が少し違うことは間違いありません。このウイスキーの存在意義が少し分かった気がします。まろやかで、甘みの強さの中に微かなスモーキーさがある、バランスのとれたウイスキー。ウマニティです。

余談ですが、ラベルのヒゲのおじさん、ニヤリと笑っているのですね。今まで知りませんでした。また、デフォルメされた人物像が書いてあるウイスキーは何気に珍しい。