ジャパニーズ ウイスキー ニッカ ブレンデッド ウイスキー

ブラックニッカ ディープブレンド

レモンサワーを飲みながらウイスキーブログを書く、不良のともぞうです。という訳で、ブラックニッカ ディープブレンドです。

ブラックニッカディープブレンド [ ウイスキー 日本 700ml ]

ブラックニッカシリーズ生誕45周年を記念して発売されたブラックニッカ ディープブレンド。今まで手が伸びずにいましたが、偶然プレゼントされ、奇跡の記事化。

はてな

メーカー曰く

ホワイトオークの新樽で熟成を重ねたモルト原酒と樽熟成したカフェグレーン原酒を使用。新樽ならではのウッディな香りと、モルトのふくよかな香り。深くなめらかなコク。豊かで伸びのある甘い味わい。心地よいピートの香りとビターな樽の余韻が続きます。アルコール分45%でしっかりとした飲みごたえがありながら、まろやかで飲みやすいウイスキーです。

とのこと。昔のニッカは説明がシンプルで、中には全くないものもあったりしますが、だいぶ方向転換したようです。

ブラックニッカ ディープブレンド 香り

色は濃いめ。いつも通り、フラスコに入れ、アルコールランプで底を熱して、香りを確かめたならば、第一印象は、ドライな香り。

あまりアルコールのツンとした感じは来ないものの、香り自体は注射のときのアルコール感の香りが主体。そんな中ほのかに華やかな香りもするが、やはりアルコール感が立つ印象です。

ブラックニッカ ディープブレンド 味わい

次に、わずかに口に含むとぴりりとした感触。

スパイシーでぴりっとしています。まろやかさなし。アルコール以外に形容のしようがない感じなのですが、探り当てるとわずかにバナナっぽい甘さがあるようなないような。

とにかくアルコールの感じが半端ないです。びりっと口を焦がした後、ブワッと余韻が広がります。ピートやヨード、塩っぽさはほとんどなく、いつものニッカとは若干おもむきが異なる印象も。

ブラックニッカ ディープブレンド+水

45周年にちなんで45%なので、ストレートはきつい。という訳で少し加水。

味わいがほどよくまろやかになるも、若干の苦味が目立つ。印象は、とにかく口腔内の刺激が強い。今までで最も強い。トゲトゲしいまでの強さです。そしてビターテイスト&深いビターテイスト。度数45%なので納得です。

ブラックニッカ ディープブレンド+水多め

少し水を足した程度ではまだキツイので、水を多めに足します。するとアルコール感はなくなり、おだやかなまろやかさが出現。ビターテイストに変わりありませんが、スパイシーさがなくなり、軽さもなくなる。姿一変。水は少し多めに足すのが吉。

アフターテイストも中庸。苦すぎず甘すぎす。感じとしてはニッカの佳酒フロム・ザ・バレルが似ているのかもしれません。

もっと詳しく

ブラックニッカ ディープブレンド まとめ

かなり水を加えることで、それなりに味わいのあるウイスキーになりました。水で増やせる分、コスパは若干上方修正するものの、妥当というライン。一度は試してもいいかもしれません。

追記.
当時1,500円くらいしていたのですが、ここのところ(2019年4月の段階)1,200円程度で安定しています。これならコスパは高いと思います。

PR

-ジャパニーズ ウイスキー, ニッカ, ブレンデッド ウイスキー
-

あなたにおすすめの記事

ブラックニッカ クリア レビュー

髭おじさんでお馴染の「ブラックニッカ クリア」のレビューです。価格にして800円を切るすごいウイスキーです。

デュワーズ ホワイトラベル

アメリカで圧倒的人気を誇るブレンデッドスコッチウイスキー「デュワーズ ホワイト」のレビューです。

今は亡き竹鶴12年

最高のコストパフォマンスを誇る「竹鶴12年」のレビューです。

スーパーニッカを飲んで思うこと

ニッカのブレンドウイスキー「スーパーニッカ」の実飲レビューです。 なかなかの歴史を持つ銘酒。 最近装いを新たにしたそうです。

バランタイン 12年 ブルー

「バランタイン ブルー 12年」のレビューです。最初の方はあまりありがたみがなかったのですが、 今では好きな一品です。

サントリー オールド レビュー

通称だるまの愛称で親しまれているウイスキー、「サントリーオールド」のレビューです。 意外かも知れませんが、国産ウイスキーで一番売れたウイスキーでもあります。

王者の貫録 ジョニーウォーカー レッドラベル(ジョニ 赤)

「ジョニ赤」の愛称で親しまれているウイスキー界の王者、「ジョニーウォーカー レッドラベル」のレビューです。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。