独自製法が生み出すバニラの香り「バランタイン ハードファイヤード」

2018年3月18日

こんにちは。ナイス・チョイスともぞうです。

よほどデュワーズ 12年にしようかと思いましたが、今回はバランタインシリーズのバランタイン ハードファイヤードを選びました。

ballantines hard fired

ハードファイヤード製法とは熟成に使う樽にをアルコールが少し残った状態で火を入れ、バニラの香りとかすかなスモークっぽさを生む方法だそうです。

もっと詳しく

バランタイン ハードファイヤード 印象

バランタイン ハードファイヤード、見た目がかなり濃い。人工的な感じのしない、自然な感じの琥珀色の色合いです。

このクラスのウイスキーによくある甘みとかすかなスモーク感とともに、やや薬品ぽいアルコール感がやってきます。まあ開栓直後のアルコール感は想定内。そのうち落ち着くことでしょう。

しばらくグラスの中で待ってみたならどうでしょう。かなり香りが立ってきました。フェイマスグラウス、あるいはニッカ ディープブレンドに通じる香りがします。

このヨード香はあまり得意ではないのですが、まあいいでしょう。

もっと詳しく

バランタイン ハードファイヤード 味わい

意を決して一口飲むと、ガッっとした力強いスモークの香りと甘み、ふくよかなフィニッシュと続いていきます。香りはニッカ ディープブレンドっぽいと感じましたが、味わいの印象は全く違う。

口に含むとアルコールのヒリっとした感じがかなりマイルドです。

また、ハードファイアー製法が生み出すと思われるスモークっぽさですが、アイラのものとは全く違った種類のスモークっぽさです。

さらにほのかに感じる甘みの濃度が濃い。後味は少しバーボンぽいですが、味わい全体としてはやはりスコッチです。これは当たり。我ながらナイス・チョイスです。

バランタイン ハードファイヤード+水

次にわずかに水を垂らしてみます。

香りがかなり穏やかになり、バニラっぽい甘い香りが際立ちます。

飲むとかなり軽やかで、酸味のある小気味よい味わいへと変化。

スモークっぽさは弱まるものの、しっかりと残っています。

ストレートで飲むとハードボイルドな雰囲気を感じさせますが、少し水を垂らすと、かなりポップでライトな味わいへと印象が変化。しなしながら鼻に抜けさせると、やはりしっかりとした味わいがちゃんと存在します。

バランタイン ハードファイヤード オンザロック

バランタイン ハードファイヤードをロックにしてみます。冷やした分、香りは死にました。飲むと冷たいです。

まあそんなことは置いておいて、ロックにすると飲みやすいのですが、甘みとスモークっぽさはあるものの、いまいちパンチがなく、かすかにエグみが出てきました。

あまりロックには向かないかも、という印象です。

バランタイン ハードファイヤードを飲んでみて

バランタイン ハードファイヤード、個人的になかなか気に入りました。

アイラとはまた違ったスモークっぽさのある面白いウイスキーです。スコッチ党の人もバーボン党の人も違和感なく楽しめる一品だと思います。

価格に関しては、¥2,000ちょうどくらいなので、まあ順当といった感じです。普通のウイスキーに飲み飽きた人におすすめするウイスキーです。

終売したので別商品を紹介しています

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。