「バランタイン 12年 ブルー」はファイネスとの上位互換にあらず

2013年10月10日

ブレンデッドウイスキー「バランタイン 12年 ブルー」を飲んでみました。

現状「バランタイン ブルー」という商品は存在しないようです。名前が単に「バランタイン 12年」となったのか、かつてのブルーとは別物なのか定かではありません。

バランタイン 12年を開けるのは3本目ですが、最初の方はあまりありがたみがなかったこのお酒。同じ価格なら竹鶴12年かな、と思っていたからです。今はかなり好きな一品です。

バランタインブルー 深いコク

バランタイン 12年 ブルーはまろやかなコク、バニラのような甘い香り、バランスのとれた味わい、爽やかな後味といったウイスキーのよさを余すところなく堪能できる1本に仕上がっています。ほのかにスモーキーさもあります。

ご存知の方も多いと思いますが、バランタイン 12年 ブルーは元々日本市場向けに、水割り用として開発されたとか。

このクラスのものを水割りにするのは少々惜しい気がしますが・・・しかしストレートで飲んでもおいしい。ロックでもよし。個人的にはストレートが好みです。

¥2,000クラスのブレンデッドはバランタイン 12年 ブルーしか飲んだことがありませんが、今は敢えてこれ以外のものを選ぶ理由がありませんがどうなんでしょう。

バランタインブルーとバランタインファイネスト

バランタイン 12年 ブルーは、バランタイン・ファイネストと比べると当然ですが洗練された感じがします。

特にこのシルクのごとある滑らかさは際立ってます。

穏やかでコクのある、大人のウイスキーといった趣があります。

あくまでバランタイン・ファイネストの味の延長にあるのですが、ファイネストと比べるとややスモーキーさが少なめなので大人しい印象も受けます。

良いウイスキーであることは確かですが荒々しいバランタイン・ファイネストの強烈な個性も捨てがたくこの二つは甲乙つけがたし。

もっと詳しく

ただし、ロックや割って飲むならブルーの方がイイと思います。

そう確信出来るバランスの良さはすごいと思います。ザ・スコッチの異名を持つバランタイン 17年もこれらの延長線上にあると思うと感慨深いものがあります。

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

ウイスキー初心者のアラフォー会社員。ほかに『Chrome通信』や『OLD ROOKIE』を書いてます。