シングルモルト スコッチ

anCnoc(アンノック) 12年

こんにちは。雲隠れ中ともぞうです。ということで、ハイランドモルトの佳酒、アンノック 12年です。

アンノック12年

ウイスキーの4大産地といえばハイランド、ローランド、スペイサイド、アイラ島。そんな中でのハイランドですが、更に細かく別れているようで、アンノックは東ハイランドにあるそうです。近くにある有名どころではアードモア、ロイヤルロッホナガーなど。

まあそんなSEO対策は置いといて、SEO対策のための薀蓄をぶち込むならば、昔(1993以前)は「ノックドゥー(ノックデュー)」として販売していたそう。ノッカンドオなどと混同されてしまうがな!という事態が生じて改名。

なお、スコットランドで最も小さい蒸溜所ノックデューで、3度の閉鎖を経験したという。復活するということは、懐かしむ声が多かったことなのか。

アンノック 第一印象

グラスに注いだならば、色は明らかに薄めですね。12年熟成してこの色合いということは、オーク樽熟成ではなさそうです。調べたところ、

シェリー樽原酒とバーボン樽原酒の絶妙なブレンドがまろやかな味わいを生み出す

とのことでした。

アンノックの味わい

アンノック 12年を味わったならば、とても軽やかで飲みやすい。蜂蜜やレモンの香りを思わせる、フレッシュな香り、切れのあるフィニッシュが特徴的です。

どちらかと言えば甘めで、ピーティな感じはありません。比較的日本人の口にあいやすいのではないかと思います。

また、ピート味がない分、ウイスキーに馴染みのない人にも、取っ付き易いと思います。普段は安いブレンドを飲んでいるけれども、シングルモルトに挑戦したい、という方におすすめの一本です。

アンノックのおすすめの飲み方

飲み方に関してですが、これだけの香りを持つウイスキーは、ストレートにちょい水を足して味わいたいところ。

ウイスキー全般に言えることですが、少し加水することで、香りがより開きます。水を少し加えるだけで十分飲みやすいので、ロックはあまりおすすめしません。

anCnocを飲んでみて

この素晴らしきウイスキー、アンノック 12年。ひとつだけ問題を挙げるとすれば、飲みやすいのでつい飲み過ぎてしまうことですね。週末に飲むのをおすすめします。

悟りを開いちゃったせいで文章があっさりしてしまい、このウイスキーの良さがあまりも伝わってない気もしますが、心からおすすめ出来るウイスキーの一つです。

PR

-シングルモルト, スコッチ
-

あなたにおすすめの記事

知多
知多 グレーンウイスキー

11年ぶりにサントリーから新ブランド「知多」が誕生。 「軽やかな風」をイメージしたグレーン原酒でつくられたウイスキーでほのかな甘さとなめらかな味わいが特長とのこと。なめらかで心地よい余韻は、素材の旨みを活かした日本食との相性が抜群とあります。

【アイラのいぶし銀】ブナハーブン 12年

アイラ島のシングルモルトウイスキー「ブナハーブン 12年」のレビューです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 【ジョニ 黒】を飲んでみた

「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」、通称「ジョニ黒」のレビューです。昔は高級ウイスキーの代名詞であったと聞きます。今回はちょい水足し、ロック、ハイボールで試しています。

カティサーク ブレンデッド スコッチウイスキー

村上春樹の小説でもお馴染の有名すぎるブレンデッド・ウイスキー「カティサーク」のレビューです。あっさりしている言われていますが、実際のところどうでしょうか?

バランタイン ファイネスト 試飲レビュー

言わずと知れた名スコッチ「バランタイン ファイネスト」のレビューです。 昔は遥か雲の上の存在だったみたいです。

Amazon新生活セール対象のウイスキーまとめ

現在開催中のAmazon新生活セールで、セールの対象になっているウイスキーを多数発見。ただ、同じお酒でもサイズ違いのものも多数。700mlに換算しながらお買い得度をみていこうと思います。 目次1 スコ ...

余市 無印

ニッカの誇り「余市」のレビューです。昔ながらの炭を使ったやり方で作っている、ニッカのコダワリを感じることができる一本です。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。