シングルモルト スコッチ

シングルモルト アバフェルディ

久しぶりに(私のこころに)ヒットしたシングルモルトウイスキー、アバフェルディ

デュワーズのキーモルトです。南ハイランドタイプらしい、濃厚な麦の甘みとまろやかな飲みやすさが混在した一本です。

もっと詳しく

参考

メーカー曰く「デュワーズのブレンドの核をなすシングルモルト。ヘザーハニーの香り、フルボディの丸みのある味わいが特徴的。後口はドライでエレガント、独特のスパイシーさの中にも、ほんのりオレンジピールの風味が漂います。専門家は、アバフェルディ12年を、プレミアムモルトの特徴が長期間の熟成を経て見事に開花した傑作と評しています。」とのこと

アバフェルディ 味わい

確かにバニラの香り、まろやかで落ち着いた味わいのある、非常に深みのあるウイスキーです。ストレートに水足しでちびちび飲むのに、うってつけの一本。

ちなみに、デュワーズも麦の甘みを感じる良質な一本。価格も手頃でクセも少ないので、普段飲みにおすすめです。

タイプ的にはグレンフィディックに近い、飲みやすい部類のシングルモルトです。

もっと詳しく

シングルモルトが気になってきた人が、次に試したいときにおすすめの一本です。

おすすめ度:

PR

-シングルモルト, スコッチ

あなたにおすすめの記事

シングルモルトウイスキー オーバン 14年 レビュー

ハイランドモルトの雄「オーバン 14年」のレビューです。飲むのはかなり久しぶりですが、すごく美味しかった記憶があります。

hibiki japanese harmony
響 ジャパニーズ ハーモニー

今回は「響 ジャパニーズ・ハーモニー」をレビューします。 この「響 ジャパニーズ・ハーモニー」ですが、いうまでもなく、かの響の無印版。響の名前に恥じない味わいを期待。

デュワーズ 12年

最近は病弱な虚弱体質気味で、ウイスキーの消費量が若干減少。安いものを沢山飲むより、ちょいといいモノをチビチビ飲むのもいいかと思い、以前から気になっていた、デュワーズ 12年にトライ。

王者の貫録 ジョニーウォーカー レッドラベル(ジョニ 赤)

「ジョニ赤」の愛称で親しまれているウイスキー界の王者、「ジョニーウォーカー レッドラベル」のレビューです。

バランタイン ハードファイヤードを実飲レビュー

バランタイン ハードファイヤードは熟成に使う樽を、アルコールが少し残った状態で火を入れることにより、バニラの香りとかすかなスモークっぽさを生むそうです。

ハイボールにおすすめのウイスキー

本当はトリスハイボールが思いのほか良かった件について書こうと思ってましたが、どうせならゴールデンウィークに便乗して”GW特別企画 ハイボールにおすすめのウイスキー”をお送りしたいと思います。

デュワーズ ホワイトラベル

アメリカで圧倒的人気を誇るブレンデッドスコッチウイスキー「デュワーズ ホワイト」のレビューです。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 初心者による初心者の為のウイスキーの話など。