ホワイトホース ピートの香りを求めて|初心者による初心者の為のウイスキーの話など。/h1>
By | 2011年5月14日

ホワイトホース ピートの香りを求めて

ホワイトホース

B003DTXIOU

最近すっかりラフロイグが好きになり、同じアイラモルトのアードベッグ、ラガヴーリンを試してみたいところですが、高いのでコレを試すことに。何

故ならこのウイスキーのキーモルトがラガヴーリンだからです。

開けて香りを確かめる。さあどんと来い、ピート?。

参考記事:ラガヴーリン 16年

スポンサーリンク

ホワイトホース 味わいは?

最初の香りは予想に反してアルコールのキツイ匂いとザ・フェイマスグラウスのようなヨード臭。
あまり、というか全くピートの香りがしません。嫌な予感。

味わってみる。

うーん、ピートの感じはせず。
スモーキーなものだと聞いていましたが、カラメルの味。
かなり味は濃いです。

酸味、軽い感じは全くなく、ネトっとした感じ。
味はかなりフェイマスグラウスに近いと思います。
フェイマスグラウスが好きならこれもアリだと思いますが、ちょっと予想と違う味でした。

ホワイトホース まとめ

辛口という表現がウイスキーにあてはまるかどうかは分かりませんが、数あるブレンデッドの中でもかなり「辛口」の部類に入ると思います。

しかしながら、肝心のラガヴーリンの片鱗は確認できず。

ラガヴーリンの味を期待してはだめですが、荒々しい、雄々しいウイスキーがお好みならアリだと思います。

クリックをどうか・・っ!
(Visited 2,787 times, 1 visits today)

スポンサーリンク