ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年|初心者による初心者の為のウイスキーの話など。/h1>
By | 2011年4月28日

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年です。

B001TPAKHS

この「ジョニーウォーカー ブラックラベル」通称「ジョニ黒」、
昔は高級ウイスキーの代名詞であったと聞きます。

それが¥2,000ちょっとで手に入るのだから、なんだかんだ言っても豊かな時代になったと思います。

スポンサーリンク

ジョニーウォーカー ブラック 12年 味わいは?

さてその味、あまり華やかさはありませんが、この非常に滑らかな口当たり、まるでシルクの如し。

そしてその味わいは重厚。いくつもの味が幾重にも重なった感じがします。

非常に完成度が高く、味わいの奥行きという点に関しては同価格帯のウイスキーの中では随一ではないでしょうか。

全体的な印象は、物静かで渋いといった感じです。これは開栓後もあまり味の劣化が無かった気がします。

物静かで渋いが故に孤高な印象がありますが、その深さは孤独を大きく包み込んでくれるような雰囲気があり、非常に父性を感じるウイスキー。
そんな感じです。

ジョニーウォーカー ブラック 12年 まとめ

¥1,000~のウイスキーはどうしても画一的な感じがしますが、¥2,000を超えるウイスキーは個性がはっきりしてくる気がします。

先に書いたシーバスリーガルや竹鶴12年とは全く違った趣のウイスキーです。

どれがいい、というわけでなく、完全に好みやその時の気分だと思います。

クリックをどうか・・っ!
(Visited 2,149 times, 1 visits today)

スポンサーリンク