キリン ボストンクラブ|初心者による初心者の為のウイスキーの話など。/h1>
By | 2012年12月26日

キリン ボストンクラブ

こんにちは、とうもぞうです。さて今年一発目は、ボストンクラブ 淡麗原酒です。

B001U9TN1M

云わずと知れたキリンの力作ボストンクラブ。気になってずっと探していたのですが、や○やではもう扱っていない様子。そんなある日、スーパーで見つけて即購入。確か¥880でした。

しかし実際の内容量は64cl(センチリットル)なので700mlに換算すると960円ほどです。ネガティブキャンペーンは置いといて、早速頂く。

スポンサーリンク

ボストンクラブ レビュー

まろやかな口当たりとしっかりしたピート臭を謳っていますが、味わいは単刀直入に言うとロバートブラウンの廉価版といった趣です。両者に共通するのはバーボンの香りです。

ただロバートブラウンであまり感じなかったアルコールの香がボストンクラブには少しあります。ロバートブラウンに比べて荒削りな感じ。このあたりは価格相応と思います。

その違いはジャックダニエルI.W.ハーパーの如し。

ホームページを覗いてみると、180リットルという小ぶりな樽で熟成しているそうです。小ぶりな樽を使用することにより、原酒小単位当たりの樽接地表面積が増え、この特徴的な味わいになるとのこと。

ボストンクラブ 総括

さてサントリー、ニッカはスコッチを意識していると勝手に思っていますが、キリンはバーボンを意識しているのでしょうか?

この辺りはなんとも判断できませんが、バーボンが好きな人なら1000円でいいバーボンが売っているので、敢えてボストンクラブを選ぶ理由は薄い気がします。みなさんの感想はいかがでしょうか?

クリックをどうか・・っ!
(Visited 934 times, 1 visits today)

スポンサーリンク